台風(たいふう)近く(ちかく)()たときに()をつけること

1.(かぜ)

台風(たいふう)来る(くる)(かぜ)強く(つよく)なります。看板(かんばん)飛ん(とん)だり、()電柱(でんちゅう)倒れ(たおれ)たりすることがあるため、(そと)()ないほうがいいです。(かぜ)強く(つよく)なる(まえ)に、自転車(じてんしゃ)植木鉢(うえきばち)など倒れ(たおれ)やすい(もの)建物(たてもの)(なか)入れ(いれ)ておきましょう。

2.(あめ)

台風(たいふう)()(あめ)がたくさん降る(ふる)と、(かわ)(みず)増え(ふえ)てあふれることがあります。台風(たいふう)のときは(かわ)近く(ちかく)行っ(いっ)てはいけません。自分(じぶん)がいる(ところ)では(あめ)降っ(ふっ)ていなくても、(かわ)(うえ)のほうで(あめ)がたくさん降っ(ふっ)(かわ)(みず)があふれることもあります。

(あめ)がたくさん降る(ふる)と、(みち)(かわ)のようになることがあります。(かわ)のようになった(みち)歩く(あるく)転ん(ころん)流さ(ながさ)れたり、ふたが外れ(はずれ)たマンホールに落ち(おち)たりして危険(きけん)です。このようなときは歩い(あるい)避難(ひなん)するより、丈夫(じょうぶ)建物(たてもの)の2(かい)以上(いじょう)にいたほうが安全(あんぜん)なことがあります。地下鉄(ちかてつ)(えき)地下街(ちかがい)は、(みず)入っ(はいっ)てくることもあるため、危険(きけん)です。

(あめ)がたくさん降る(ふる)と、(やま)(がけ)などが崩れ(くずれ)()(いし)などが流れ(ながれ)てきて、危険(きけん)です。(やま)割れ目(われめ)ができたり、(へん)(おと)聞こえ(きこえ)たりしたら、すぐに安全(あんぜん)場所(ばしょ)逃げ(にげ)ましょう。逃げる(にげる)ことができない場合(ばあい)は、丈夫(じょうぶ)建物(たてもの)の2(かい)以上(いじょう)で、(やま)から遠い(とおい)部屋(へや)にいてください。

3.台風(たいふう)来る(くる)(まえ)準備(じゅんび)

台風(たいふう)のときは電気(でんき)水道(すいどう)止まる(とまる)ことがあります。缶詰(かんずめ)やお菓子などの食べ物(たべもの)(みず)などを準備(じゅんび)しておきましょう。電気(でんき)止まっ(とまっ)たときのために電池(でんち)などで動く(うごく)ラジオや懐中(かいちゅう)電灯(でんとう)準備(じゅんび)しておいてください。

(いえ)会社(かいしゃ)近く(ちかく)にある避難(ひなん)する場所(ばしょ)と、そこに行く(いく)(みち)調べ(しらべ)ておきましょう。電車(でんしゃ)やバスなどが止まる(とまる)ことがあるため、テレビやインターネットなどで調べ(しらべ)ましょう。

Loading