地震(じしん)来る(くる)(まえ)にしておくこと

1.(みず)食べ物(たべもの)準備(じゅんび)する

大きな(おおきな)地震(じしん)起こる(おこる)と、電気(でんき)止まっ(とまっ)たり、水道(すいどう)(みず)やガスが()なくなったりすることがあります。買い物(かいもの)行く(いく)ことができなくなったり、(みせ)品物(しなもの)()なくなったりしますから、料理(りょうり)をしなくても食べる(たべる)ことができる(もの)準備(じゅんび)しておきましょう。(みず)は1(にち)に1(にん)2Lぐらい必要(ひつよう)だと言わ(いわ)れています。

ラジオや懐中(かいちゅう)電灯(でんとう)電池(でんち)があるかどうか調べ(しらべ)て、いつでも使う(つかう)ことができるようにしておいてください。家族(かぞく)にお年寄り(としより)赤ちゃん(あかちゃん)がいる場合(ばあい)は、つえやおむつなど必要(ひつよう)(もの)準備(じゅんび)しておきましょう。

避難(ひなん)するときにすぐ持っ(もっ)行く(いく)ことができるように、必要(ひつよう)(もの)全部(ぜんぶ)一緒(いっしょ)にかばんなどに入れ(いれ)ておきましょう。

電車(でんしゃ)やバスが止まっ(とまっ)(いえ)帰る(かえる)ことができないこともあります。泊まる(とまる)ことができるように会社(かいしゃ)などにも(みず)食べ物(たべもの)準備(じゅんび)しておいてください。

2.建物(たてもの)調べる(しらべる)

地震(じしん)建物(たてもの)壊れ(こわれ)たり倒れ(たおれ)たりして、大勢(たいせい)(ひと)亡くなっ(なくなっ)ています。特に(とくに)1981(ねん)より(まえ)建て(たて)(いえ)は、(いえ)建てる(たてる)ときのルールが(いま)より厳しく(きびしく)なかったため、建物(たてもの)(つよ)さが十分(じゅうぶん)ではないかもしれません。専門(せんもん)()調べ(しらべ)てもらって、必要(ひつよう)だったら建物(たてもの)強く(つよく)する工事(こうじ)をしてください。()(まち)が、建物(たてもの)調べ(しらべ)たり工事(こうじ)をしたりするときにかかるお金の一部(いちぶ)出す(だす)場合(ばあい)もあります。相談(そうだん)してみましょう。

3.部屋(へや)(なか)安全(あんぜん)にする

(たな)などの家具(かぐ)冷蔵庫(れいぞうこ)などの電化(でんか)製品(せいひん)は、地震(じしん)倒れ(たおれ)たり落ち(おち)てきたりすると危険(きけん)です。倒れ(たおれ)ないように「L()金具(かなぐ)」という金具(かなぐ)家具(かぐ)(かべ)付け(つけ)ましょう。「突っ張り(つっぱり)(ぼう)」という(ぼう)家具(かぐ)天井(てんじょう)()入れる(いれる)やり方もあります。家具(かぐ)(した)入れ(いれ)動き(うごき)にくくするマットもあります。(まど)貼っ(はっ)割れ(われ)たガラスが周り(まわり)飛ば(とば)ないようにするフィルムも役に立ち(やくにたち)ます。大きな(おおきな)家具(かぐ)は、寝る(ねる)部屋(へや)やお年寄り(としより)部屋(へや)には置か(おか)ないでください。

4.どこに逃げる(にげる)調べる(しらべる)

火事(かじ)などになって危険(きけん)場合(ばあい)は、近く(ちかく)の「避難(ひなん)場所(ばしょ)」にすぐ逃げ(にげ)ましょう。そのあと、建物(たてもの)壊れ(こわれ)たりして(いえ)生活(せいかつ)ができなくなった場合(ばあい)は、近く(ちかく)の「避難(ひなん)(しょ)」にしばらくいることができます。「避難(ひなん)場所(ばしょ)」も「避難(ひなん)(しょ)」も()(まち)などが決め(きめ)ています。(いえ)会社(かいしゃ)からどこに逃げ(にげ)たらいいか、役所(やくしょ)近所(きんじょ)(ひと)聞い(きい)てみましょう。

Loading