地震(じしん)起こっ(おこっ)たら

1.建物(たてもの)(なか)にいるとき

地震(じしん)起こっ(おこっ)たら、テーブルの(した)などに入っ(はいっ)て、揺れ(ゆれ)止まる(とまる)まで待ち(まち)ましょう。(うえ)から(もの)落ち(おち)てきたり、本棚(ほんだな)などの家具(かぐ)倒れ(たおれ)たりして危険(きけん)だからです。ストーブやガスの()は、揺れ(ゆれ)止まっ(とまっ)てから消し(けし)てください。揺れ(ゆれ)ているときに()消そ(けそ)うとすると、やけどをすることがあります。

2.(そと)逃げる(にげる)とき

ブレーカーのスイッチを「切る(きる)(off)」にして電気(でんき)切っ(きっ)てから、(そと)()てください。大きな(おおきな)地震(じしん)では「停電(ていでん)」になって電気(でんき)止まる(とまる)ことがあります。そのあと電気(でんき)がまた流れ(ながれ)たときに、ストーブなどが自動(じどう)でついて、火事(かじ)になることがあるからです。

3.(そと)にいるとき

ビルの近く(ちかく)は、(まど)ガラスや看板(かんばん)などが落ち(おち)てくることがあります。かばんなどで(あたま)守り(まもり)ながら、安全(あんぜん)場所(ばしょ)逃げ(にげ)てください。

ブロックの(へい)自動(じどう)販売(はんばい)()など倒れ(たおれ)やすい(もの)近く(ちかく)危険(きけん)です。(やま)(がけ)などは崩れ(くずれ)危険(きけん)ですから、遠く(とおく)逃げ(にげ)てください。

4.(くるま)運転(うんてん)しているとき

(しゃ)をゆっくり(みち)左側(ひだりがわ)止め(とめ)て、エンジンを切り(きり)ます。(くるま)(みち)置い(おい)逃げる(にげる)場合(ばあい)は、ドアに(かぎ)をかけないで、(くるま)(かぎ)付け(つけ)たままにしておきましょう。救急(きゅうきゅう)(しゃ)警察(けいさつ)などの(くるま)通る(とおる)ときに、動かす(うごかす)ことがあるからです。

5.(いえ)帰る(かえる)とき

大きな(おおきな)地震(じしん)起こる(おこる)と、電車(でんしゃ)やバスなどが止まる(とまる)ことがあります。急い(いそい)(いえ)帰ろ(かえろ)うとしないで、会社(かいしゃ)学校(がっこう)など安全(あんぜん)場所(ばしょ)でしばらく待っ(まっ)てください。大勢(たいせい)(ひと)同じ(おなじ)時間(じかん)帰ろ(かえろ)うとすると、(みち)(えき)などが混ん(こん)危険(きけん)だからです。テレビやインターネットなどで調べ(しらべ)て、安全(あんぜん)だとわかってから帰り(かえり)ましょう。

6.家族(かぞく)友達(ともだち)連絡(れんらく)するとき

地震(じしん)のあとは大勢(たいせい)(ひと)電話(でんわ)使う(つかう)ため、家族(かぞく)友達(ともだち)連絡(れんらく)しにくくなります。電話(でんわ)番号(ばんごう)171の「災害(さいがい)(よう)伝言(でんごん)ダイヤル」を使う(つかう)と、会話(かいわ)はできなくてもメッセージを録音(ろくおん)したり、聞い(きい)たりすることができます。携帯(けいたい)電話(でんわ)会社(かいしゃ)の「災害(さいがい)(よう)伝言板(でんごんばん)」などでもメッセージを送る(おくる)ことができますから、使い方(つかいかた)調べ(しらべ)ておきましょう。

7.(いえ)生活(せいかつ)ができないとき

建物(たてもの)壊れ(こわれ)たりして(いえ)生活(せいかつ)ができなくなった場合(ばあい)()(まち)などが決め(きめ)た「避難(ひなん)(しょ)」にしばらくいることができます。大勢(たいせい)(ひと)一緒(いっしょ)生活(せいかつ)をしますから、健康(けんこう)()をつけましょう。

狭い(せまい)場所(ばしょ)長い(ながい)時間(じかん)(からだ)動かさ(うごかさ)ないと、「エコノミークラス症候群(しょうこうぐん)」という病気(びょうき)になることもあります。(くるま)(なか)生活(せいかつ)をする(ひと)特に(とくに)()をつけましょう。

Loading