津波(つなみ)すぐ逃げ(にげ)

(うみ)大きな(おおきな)地震(じしん)があると、津波(つなみ)来る(くる)可能(かのう)(せい)があります。2011(ねん)東日本(ひがしにっぽん)大震災(だいしんさい)のときには、とても大きな(おおきな)津波(つなみ)()て、大勢(たいせい)(ひと)亡くなり(なくなり)ました。

1.津波(つなみ)強い(つよい)(ちから)がある

津波(つなみ)は、とても強い(つよい)(ちから)があって、(たか)さが10m以上(いじょう)になることもあります。東日本(ひがしにっぽん)大震災(だいしんさい)では、大きな(おおきな)防波堤(ぼうはてい)津波(つなみ)でたくさん壊れ(こわれ)ました。2m以上(いじょう)津波(つなみ)()場所(ばしょ)では、70%の建物(たてもの)壊れ(こわれ)ました。津波(つなみ)(ちから)強い(つよい)ため、50cmの(たか)さでも(ひと)流さ(ながさ)れることがあって危険(きけん)です。

津波(つなみ)はとても速い(はやい)ので、津波(つなみ)見え(みえ)てから逃げ(にげ)ても間に合い(まにあい)ません。大きな(おおきな)地震(じしん)があったときや、テレビやインターネットで津波(つなみ)警報(けいほう)注意報(ちゅういほう)()たときなどは、すぐ安全(あんぜん)場所(ばしょ)避難(ひなん)しましょう。

2.高い(たかい)場所(ばしょ)逃げる(にげる)

津波(つなみ)来る(くる)(まえ)(うみ)表面(ひょうめん)低く(ひくく)なることがありますが、突然(とつぜん)来る(くる)場合(ばあい)もあります。地震(じしん)があったら、津波(つなみ)来る(くる)かもしれませんから、できるだけ(うみ)から遠く(とおく)て、できるだけ高い(たかい)場所(ばしょ)逃げ(にげ)ましょう。高い(たかい)場所(ばしょ)がない場合(ばあい)は、丈夫(じょうぶ)建物(たてもの)のできるだけ(うえ)(かい)行き(いき)ましょう。

(うみ)近く(ちかく)住ん(すん)でいる(ひと)は、どこに逃げる(にげる)調べ(しらべ)ておきましょう。どの(みち)通る(とおる)調べ(しらべ)て、1(かい)歩い(あるい)行っ(いっ)てみることも大切(たいせつ)です。家族(かぞく)一緒(いっしょ)にいないこともありますから、(いえ)学校(がっこう)会社(かいしゃ)から家族(かぞく)がどこに逃げる(にげる)か、みんなで決め(きめ)ておきましょう。

3.(がわ)近く(ちかく)危険(きけん)

津波(つなみ)は、(かわ)通っ(とおっ)て、(うみ)から遠い(とおい)場所(ばしょ)まで来る(くる)ことがあります。地震(じしん)があったら、(うみ)(かわ)近く(ちかく)には行か(いか)ないでください。

4.津波(つなみ)は1(かい)だけではない

津波(つなみ)(なん)(かい)()て、あとから来る(くる)(なみ)のほうが高い(たかい)こともあります。津波(つなみ)()なくなったように見え(みえ)ても、(うみ)近く(ちかく)低い(ひくい)場所(ばしょ)戻っ(もどっ)てはいけません。津波(つなみ)警報(けいほう)注意報(ちゅういほう)()ている()は、安全(あんぜん)場所(ばしょ)にいてください。

Loading