熱中(ねっちゅう)(しょう)にならないために()をつけること

気温(きおん)高く(たかく)なると、「熱中(ねっちゅう)(しょう)」になる(ひと)多く(おおく)なります。熱中(ねっちゅう)(しょう)になると、(あたま)痛く(いたく)なったり、めまいや吐き気(はきけ)がしたりします。亡くなる(なくなる)こともあります。

1.(そと)出る(でる)とき

暑い(あつい)()(そと)出る(でる)ときは、涼しく(すずしく)(あせ)吸い(すい)やすい(ふく)着る(きる)ようにしてください。帽子(ぼうし)日傘(ひがさ)使う(つかう)と、涼しく(すずしく)なります。そして、のどが渇い(かわい)ていなくても(みず)飲ん(のん)で、たくさん(あせ)()たときには塩分(えんぶん)取っ(とっ)てください。

2.(いえ)にいるとき

気温(きおん)湿度(しつど)高い(たかい)と、(いえ)(なか)でも熱中(ねっちゅう)(しょう)になることがあります。熱中(ねっちゅう)(しょう)亡くなっ(なくなっ)(ひと)の80%が(いえ)(なか)具合(ぐあい)悪く(わるく)なったというデータがあります。(いえ)にいるときは、エアコンや扇風機(せんぷうき)使っ(つかっ)涼しく(すずしく)しましょう。(まど)にはカーテンやすだれをかけて、部屋(へや)入る(はいる)太陽(たいよう)(ひかり)弱く(よわく)しましょう。

3.熱中(ねっちゅう)(しょう)になったとき

熱中(ねっちゅう)(しょう)のようになった(ひと)がいたら、涼しい(すずしい)場所(ばしょ)連れ(つれ)行っ(いっ)寝かせ(ねかせ)ましょう。そして、(くび)やわきの下などを冷たい(つめたい)(もの)冷やし(ひやし)たり、うちわなどで涼しく(すずしく)したりします。それから、少し(すこし)ずつ(みず)などを飲ま(のま)せてください。名前(なまえ)呼ん(よん)でも答える(こたえる)ことができないときなどは、すぐに病院(びょういん)連れ(つれ)行き(いき)ましょう。

4.子ども(こども)とお年寄り(としより)特に(とくに)()をつける

子ども(こども)()低く(ひくく)て、熱い(あつい)地面(じめん)近い(ちかい)(ところ)にいるため、大人(おとな)より3℃以上(いじょう)暑く(あつく)感じる(かんじる)言わ(いわ)れています。ベビーカーに乗っ(のっ)ている赤ちゃん(あかちゃん)はもっと地面(じめん)近い(ちかい)ため、もっと暑い(あつい)です。お年寄り(としより)は、(あつ)さやのどが渇い(かわい)ていることを感じ(かんじ)にくいため、(からだ)水分(すいぶん)足り(たり)なくなっても自分(じぶん)ではわからないことがあります。子ども(こども)やお年寄り(としより)(みず)がほしいと言わ(いわ)なくても、必要(ひつよう)だと思っ(おもっ)たら家族(かぞく)飲ま(のま)せるようにしましょう。

5.熱中(ねっちゅう)(しょう)になりやすい気温(きおん)時間(じかん)

東京(とうきょう)消防庁(しょうぼうちょう)によると、気温(きおん)が28℃以上(いじょう)になると、熱中(ねっちゅう)(しょう)病院(びょういん)運ば(はこば)れる(ひと)増え(ふえ)ます。25℃ぐらいでも、湿度(しつど)高い(たかい)熱中(ねっちゅう)(しょう)になることがあります。熱中(ねっちゅう)(しょう)病院(びょういん)運ば(はこば)れた(ひと)の25%は、(よる)(あさ)運ば(はこば)れています。(よる)(あさ)でも、気温(きおん)があまり下がら(さがら)ないときは、エアコンや扇風機(せんぷうき)などを使う(つかう)ようにしましょう。

##6.天気(てんき)予報(よほう)調べる(しらべる)

気象庁(きしょうちょう)は、気温(きおん)がとても高く(たかく)なりそうなときに「高温(こうおん)注意(ちゅうい)情報(じょうほう)」を出し(だし)て、熱中(ねっちゅう)(しょう)()をつけるように言い(いい)ます。テレビやインターネットの天気(てんき)予報(よほう)などを()て、熱中(ねっちゅう)(しょう)にならないようにしましょう。

Loading