竜巻(たつまき)突風(とっぷう)(かみなり)のときに()をつけること

竜巻(たつまき)突風(とっぷう)(かみなり)季節(きせつ)関係(かんけい)なく、いろいろな(ところ)起こり(おこり)ます。

1.積乱雲(せきらんうん)という(くも)()たとき

(そら)(うえ)のほうの冷たい(つめたい)空気(くうき)(した)のほうの暖かく(あたたかく)湿っ(しめっ)空気(くうき)がぶつかると、積乱雲(せきらんうん)という大きな(おおきな)(くも)ができます。積乱雲(せきらんうん)ができると、竜巻(たつまき)突風(とっぷう)(かみなり)起こり(おこり)やすくなります。

積乱雲(せきらんうん)近く(ちかく)来る(くる)(そら)(きゅう)暗く(くらく)なって、(かみなり)(おと)聞こえ(きこえ)たり冷たい(つめたい)(かぜ)吹い(ふい)たりします。小さな(ちいさな)(こおり)降っ(ふっ)てくることもあります。積乱雲(せきらんうん)()たら、安全(あんぜん)場所(ばしょ)逃げ(にげ)てください。

2.竜巻(たつまき)突風(とっぷう)起こっ(おこっ)たとき

竜巻(たつまき)突風(とっぷう)起こっ(おこっ)たときに(そと)にいる場合(ばあい)は、すぐにコンクリートなどでできた丈夫(じょうぶ)建物(たてもの)(くるま)(なか)入っ(はいっ)てください。

建物(たてもの)(なか)にいる場合(ばあい)は、(まど)少ない(すくない)部屋(へや)行っ(いっ)てください。(かぜ)飛ん(とん)できた(もの)がぶつかって(まど)ガラスが割れる(われる)ことがあるため、カーテンを閉め(しめ)(まど)から遠い(とおい)(ところ)にいてください。ガラスなどが飛ん(とん)でくることがあるため、(つくえ)(した)などに入っ(はいっ)たほうが安全(あんぜん)です。

3.(かみなり)起こっ(おこっ)たとき

(かみなり)起こっ(おこっ)たときに(そと)にいる場合(ばあい)は、丈夫(じょうぶ)建物(たてもの)(くるま)(なか)入っ(はいっ)てください。建物(たてもの)(なか)にいる場合(ばあい)は、(かべ)電化(でんか)製品(せいひん)から1m以上(いじょう)離れ(はなれ)(ところ)にいてください。(かみなり)建物(たてもの)落ちる(おちる)と、(かべ)電化(でんか)製品(せいひん)強い(つよい)電気(でんき)流れる(ながれる)ことあります。

(かみなり)()電柱(でんちゅう)など高い(たかい)(もの)落ち(おち)やすいため、木の下(このした)はとても危険(きけん)です。 ()電柱(でんちゅう)などからは4m以上(いじょう)離れ(はなれ)てください。

立っ(たっ)ているより座っ(すわっ)(からだ)低く(ひくく)していたほうが安全(あんぜん)です。(うえ)()のようにお(しり)()地面(じめん)につけないでしゃがんでください。

竜巻(たつまき)突風(とっぷう)(かみなり)情報(じょうほう)はテレビやインターネットなどで知る(しる)ことができます。

Loading