(あめ)がたくさん降っ(ふっ)ているときに()をつけること

日本(にっぽん)では最近(さいきん)(いち)()にたくさんの(あめ)強く(つよく)降る(ふる)ことが多く(おおく)なりました。

1.(あめ)(つよ)さと災害(さいがい)

時間(じかん)に30mm以上(いじょう)(あめ)降る(ふる)と、(みち)(かわ)のようになります。(かわ)のようになった(みち)歩く(あるく)転ん(ころん)流さ(ながさ)れたりして、危険(きけん)です。

時間(じかん)に50mm以上(いじょう)になると、(あめ)(たき)のように降り(おり)ます。マンホールから(みず)があふれたり、低い(ひくい)場所(ばしょ)(みず)がたまって地下鉄(ちかてつ)(えき)地下街(ちかがい)(みず)入っ(はいっ)てきたりして、危険(きけん)です。

時間(じかん)に80mm以上(いじょう)になると、(ひと)大勢(たいせい)亡くなる(なくなる)ような大きな(おおきな)災害(さいがい)起こり(おこり)やすくなります。早く(はやく)安全(あんぜん)場所(ばしょ)避難(ひなん)しましょう。

2.土砂(どしゃ)災害(さいがい)

()がたくさん降る(ふる)と、「土砂(どしゃ)災害(さいがい)」で(やま)(がけ)などが崩れる(くずれる)ことがあって、危険(きけん)です。土砂(どしゃ)災害(さいがい)(まえ)には、(やま)から(へん)(おと)聞こえ(きこえ)たり、小さい(ちいさい)(いし)落ち(おち)てきたりすることがあります。(やま)割れ目(われめ)ができたり、突然(とつぜん)()から(みず)()てきたりすることもあります。このようなときは、すぐに安全(あんぜん)場所(ばしょ)避難(ひなん)しましょう。

3.気象庁(きしょうちょう)出す(だす)情報(じょうほう)

()がたくさん降っ(ふっ)災害(さいがい)起こり(おこり)そうな場合(ばあい)気象庁(きしょうちょう)は「大雨(おおあめ)注意報(ちゅういほう)」を出し(だし)ます。もっと大きな(おおきな)災害(さいがい)になりそうな場合(ばあい)は「大雨(おおあめ)警報(けいほう)」を出し(だし)ます。もっと(あめ)がひどくなりそうな場合(ばあい)は「大雨(おおあめ)特別(とくべつ)警報(けいほう)」を出し(だし)ます。

大雨(おおあめ)警報(けいほう)」や「大雨(おおあめ)特別(とくべつ)警報(けいほう)」が()たときは、(みち)(かわ)のようになったり、(やま)などが崩れ(くずれ)たりすることがあります。危険(きけん)ですから、できるだけ早く(はやく)安全(あんぜん)場所(ばしょ)避難(ひなん)しましょう。

4.避難(ひなん)必要(ひつよう)なときに出る(でる)情報(じょうほう)

ひどい(あめ)避難(ひなん)必要(ひつよう)場合(ばあい)(けん)()などは「避難(ひなん)準備(じゅんび)情報(じょうほう)高齢(こうれい)(しゃ)(とう)避難(ひなん)開始(かいし)」や「避難(ひなん)勧告(かんこく)」や「避難(ひなん)指示(しじ)緊急(きんきゅう))」という情報(じょうほう)出し(だし)ます。

この情報(じょうほう)はテレビやインターネットなどで知る(しる)ことができます。避難(ひなん)情報(じょうほう)()ても、暗く(くらく)危険(きけん)なときや、(みち)(かわ)のようになって(そと)出る(でる)ことが難しい(むずかしい)ときは、建物(たてもの)の2(かい)以上(いじょう)にいたほうが安全(あんぜん)なことがあります。

5.危険(きけん)場所(ばしょ)避難(ひなん)する場所(ばしょ)がわかる「ハザードマップ」

「ハザードマップ」は、(あめ)がたくさん降っ(ふっ)たときに危険(きけん)場所(ばしょ)避難(ひなん)する場所(ばしょ)などがかいてある地図(ちず)です。(けん)()などのウェブサイトでも見る(みる)ことができます。(いえ)会社(かいしゃ)周り(まわり)安全(あんぜん)かどうか調べ(しらべ)ておきましょう。

Loading