(ゆき)がたくさん降っ(ふっ)たときに()をつけること

1.(みち)滑り(すべり)やすい

(せつ)降る(ふる)と、(みち)滑り(すべり)やすくなります。歩い(あるい)ているときに滑っ(すべっ)転ん(ころん)だり、(くるま)がスリップしたりする事故(じこ)多く(おおく)なります。

(どう)表面(ひょうめん)(みず)凍る(こおる)と、(みち)黒く(くろく)見える(みえる)ことがあります。凍っ(こおっ)ていないように見える(みえる)ため、事故(じこ)起こり(おこり)やすくなります。

歩く(あるく)ときは、滑り(すべり)にくい(くつ)履い(はい)てください。(くるま)運転(うんてん)するときは、スタッドレスタイヤなどの(ふゆ)のタイヤに取り替え(とりかえ)たり、タイヤにチェーンを付け(つけ)たりしてください。自転車(じてんしゃ)には乗ら(のら)ないでください。

2.屋根(やね)積もっ(つもっ)(ゆき)()をつけて

晴れ(はれ)気温(きおん)上がっ(あがっ)たときは、屋根(やね)から(ゆき)落ち(おち)危険(きけん)です。屋根(やね)近く(ちかく)行か(いか)ないでください。

屋根(やね)(ゆき)下ろす(おろす)ときは、屋根(やね)から落ち(おち)ないように(からだ)にロープを付け(つけ)て、ヘルメットをかぶってください。危険(きけん)なときに助け(たすけ)てもらうことができるように、2(にん)以上(いじょう)でしましょう。

3.「吹雪(ふぶき)」のときは(そと)()ない

強い(つよい)(かぜ)(ゆき)飛ぶ(とぶ)ことを「吹雪(ふぶき)」と言い(いい)ます。吹雪(ふぶき)のときに歩い(あるい)ていると、(まえ)がよく見え(みえ)なくなって(みち)がわからなくなることがあります。強い(つよい)(かぜ)で、いつもより早く(はやく)(からだ)冷え(ひえ)亡くなる(なくなる)(ひと)もいます。吹雪(ふぶき)のときは、(そと)()ないようにしましょう。

(しゃ)運転(うんてん)していても、(まえ)がよく見え(みえ)なくなったり、(みち)(ゆき)積もっ(つもっ)たりして、(くるま)動く(うごく)ことができなくなることもあります。そのときのために、(くるま)には厚い(あつい)上着(うわぎ)毛布(もうふ)、スコップなどを準備(じゅんび)しておきましょう。

(しゃ)動か(うごか)なくなったときは、排気(はいき)ガスが(くるま)(なか)入ら(はいら)ないように、エンジンを止める(とめる)か、排気(はいき)ガスが()てくるマフラーの(ところ)(ゆき)積もら(つもら)ないようにしましょう。

4.「雪崩(なだれ)」の危険(きけん)

(さん)(がけ)などから(ゆき)(きゅう)崩れ(くずれ)落ち(おち)てくることを「雪崩(なだれ)」と言い(いい)ます。雪崩(なだれ)は、(ゆき)がたくさん降っ(ふっ)たり気温(きおん)上がっ(あがっ)たりしたときに起こり(おこり)やすいと言わ(いわ)れています。(やま)(なか)(みち)などを(くるま)通る(とおる)ときは()をつけましょう。

5.(ゆき)がたくさん降る(ふる)(まえ)準備(じゅんび)

(どう)(ゆき)がたくさん積もる(つもる)と、(みち)通る(とおる)ことができなくて、(まち)(むら)から出る(でる)ことができなくなることがあります。(ゆき)(おも)さで電線(でんせん)切れ(きれ)電気(でんき)止まる(とまる)こともあります。食べ物(たべもの)電気(でんき)使わ(つかわ)ないストーブ、懐中(かいちゅう)電灯(でんとう)などを準備(じゅんび)しておきましょう。

電車(でんしゃ)やバス、飛行機(ひこうき)遅れ(おくれ)たり止まっ(とまっ)たりすることもあるため、テレビやインターネットなどで調べ(しらべ)ましょう。

Loading