このままでは教育(きょういく)現場(げんば)危ない(あぶない)菅田(すげた)(すすむ)(あきら)渾身(こんしん)のナレーション

8(つき)15(にち)())26()55(ふん)~『福井(ふくい)テレビ開局(かいきょく)50周年(しゅうねん)記念(きねん)番組(ばんぐみ) 聖職(せいしょく)のゆくえ~働き(はたらき)(かた)改革(かいかく)元年(がんねん)~』

菅田(すげた)(すすむ)(あきら)がナレーションを務め(つとめ)た、(だい)28(かい)FNSドキュメンタリー大賞(たいしょう)ノミネート作品(さくひん)福井(ふくい)テレビ開局(かいきょく)50周年(しゅうねん)記念(きねん)番組(ばんぐみ) 聖職(せいしょく)のゆくえ~働き(はたらき)(かた)改革(かいかく)元年(がんねん)~』が放送(ほうそう)される。

先日(せんじつ)福井(ふくい)放送(ほうそう)され、大きな(おおきな)反響(はんきょう)呼ん(よん)だドキュメンタリー作品(さくひん)だ。

施行(しこう)から(はん)世紀(せいき)教員(きょういん)呪縛(じゅばく)する「(きゅう)(とく)(ほう)

働き(はたらき)(かた)改革(かいかく)叫ば(さけば)れる(なか)旧態(きゅうたい)依然(いぜん)指摘(してき)されているのが教員(きょういん)世界(せかい)だ。なぜ教員(きょういん)過労(かろう)()自殺(じさつ)増え(ふえ)てきたのだろう。

取材(しゅざい)をすると、授業(じゅぎょう)以外(いがい)(こう)(つとむ)事務(じむ)作業(さぎょう)増え(ふえ)(うえ)管理(かんり)(しょく)による時間(じかん)管理(かんり)がないことがわかってくる。

教員(きょういん)呪縛(じゅばく)しているのは、1971(ねん)に「教員(きょういん)特殊(とくしゅ)(せい)により基本給(きほんきゅう)の4%の調整(ちょうせい)(がく)設け(もうけ)られる代わり(かわり)時間(じかん)(がい)手当(てあて)支給(しきゅう)しない」と制定(せいてい)された、公立(こうりつ)教員(きょういん)にのみ適用(てきよう)される法律(ほうりつ)(きゅう)(とく)(ほう)」。

なぜこの法律(ほうりつ)(いま)もそのままなのか。働き(はたらき)(かた)改革(かいかく)元年(がんねん)といわれる(なか)番組(ばんぐみ)では「このままでは教育(きょういく)現場(げんば)危ない(あぶない)」「この(くに)将来(しょうらい)危ない(あぶない)」と警鐘(けいしょう)(けいしょう)を鳴らす(ならす)

小さい(ちいさい)(とき)学校(がっこう)先生(せんせい)好き(すき)で、現在(げんざい)小学生(しょうがくせい)子供(こども)父親(ちちおや)である“(わたし)”(41(さい))は、「(いま)学校(がっこう)はどうなっているのか」「先生(せんせい)はそんなに大変(たいへん)なのか」を知り(しり)たいと思い(おもい)取材(しゅざい)始める(はじめる)

(わたし)”は、自身(じしん)母校(ぼこう)にも取材(しゅざい)、そこには想像(そうぞう)以上(いじょう)時間(じかん)追わ(おわ)れる先生(せんせい)姿(すがた)があった…。

休み(やすみ)時間(じかん)(いき)つく(ひま)なく生徒(せいと)たちと会話(かいわ)する教員(きょういん)

現職(げんしょく)教員(きょういん)文科(ぶんか)(しょう)(きゅう)(とく)(ほう)改正(かいせい)署名(しょめい)届け(とどけ)申し入れ(もうしいれ)

時代(じだい)が「(りょう)()」に変わっ(かわっ)(いま)、50(ねん)(まえ)変わら(かわら)ない「(きゅう)(とく)(ほう)」は見直す(みなおす)べきではないのか。今回(こんかい)文部(もんぶ)科学(かがく)(しょう)にも素朴(そぼく)疑問(ぎもん)をぶつけてみる。

(いま)教師(きょうし)働き(はたらき)(かた)改めて(あらためて)問わ(とわ)れている。教壇(きょうだん)立つ(たつ)教師(きょうし)姿(すがた)追いかけ(おいかけ)ながら、“学力(がくりょく)体力(たいりょく)ナンバー1”と言わ(いわ)れる福井(ふくい)(けん)から、あるべき教師(きょうし)労働(ろうどう)環境(かんきょう)について考える(かんがえる)

菅田(すげた)(すすむ)(あきら)コメント>

この(たび)語り(かたり)担当(たんとう)させていただきました。

『3(ねん)A(ぐみ)』という作品(さくひん)携わり(たずさわり)放送(ほうそう)終了(しゅうりょう)()様々(さまざま)反響(はんきょう)
(ぼく)(もと)にも届き(とどき)ました。

今回(こんかい)のナレーションのお仕事(しごと)もその一つ(ひとつ)です。

(ぼく)にできることは(だい)それたことではないですが、
受け取っ(うけとっ)下さる(くださる)(ほう)がいて、それを入口(いりぐち)としていろんなことを
考える(かんがえる)機会(きかい)増える(ふえる)

僕ら(ぼくら)仕事(しごと)意義(いぎ)はそこに在る(ある)思い(おもい)ました。

(いま)先生(せんせい)たちの現状(げんじょう)に“このままじゃいけない”と(こえ)上げる(あげる)(ひと)がいます。

決して(けっして)その(こえ)(ひと)傷つける(きずつける)(こえ)ではなく、
(ぼく)はとても優しい(やさしい)(こえ)だと思い(おもい)ました。
そして、必要(ひつよう)(こえ)だと思い(おもい)ました。

始まり(はじまり)小さな(ちいさな)(こえ)でも
きっと僕ら(ぼくら)がちゃんと受け取り(うけとり)
(みみ)をそばだてれば
それはとても大きな(おおきな)(こえ)になります。

気持ち(きもち)良い(よい)(おと)乱反射(らんはんしゃ)する社会(しゃかい)

そんな社会(しゃかい)になればと願っ(ねがっ)ています。

菅田(すげた)(すすむ)(あきら)

小川(おがわ)一樹(かずき)ディレクター(福井(ふくい)テレビ報道(ほうどう)())コメント>

福井(ふくい)県内(けんない)教員(きょういん)(しん)採用(さいよう)から7ヵ月で自殺(じさつ)しました。裁判(さいばん)起こし(おこし)両親(りょうしん)取材(しゅざい)すると、教員(きょういん)過酷(かこく)実態(じったい)見え(みえ)てきました。(けん)(がい)では教員(きょういん)過労(かろう)()珍しく(めずらしく)ないことを知り(しり)教員(きょういん)実情(じつじょう)直に(じかに)探る(さぐる)ため学校(がっこう)への取材(しゅざい)試み(こころみ)ました。しかし学校(がっこう)への取材(しゅざい)難航(なんこう)

最後(さいご)頼っ(たよっ)たのが自分(じぶん)母校(ぼこう)校長(こうちょう)理解(りかい)()られ5ヵ月に渡り(わたり)現場(げんば)密着(みっちゃく)すると、多忙(たぼう)さはすさまじいものでした。

また公立(こうりつ)教員(きょういん)にのみ適用(てきよう)されている法律(ほうりつ)(きゅう)(とく)(ほう)』の改正(かいせい)求め(もとめ)文科(ぶんか)(しょう)に3(まん)署名(しょめい)直接(ちょくせつ)届け(とどけ)現職(げんしょく)教員(きょういん)にも密着(みっちゃく)。なぜ(きゅう)(とく)(ほう)改正(かいせい)訴える(うったえる)のか?その疑問(ぎもん)から法律(ほうりつ)について探り(さぐり)制定(せいてい)された50(ねん)(まえ)当時(とうじ)背景(はいけい)とそこからの学校(がっこう)変遷(へんせん)をひもとくと、『(きゅう)(とく)(ほう)』は50(ねん)以上(いじょう)放置(ほうち)され、忘れ去ら(わすれさら)れる存在(そんざい)になっていたことが浮かび(うかび)あがってきました。

教員(きょういん)働き(はたらき)(かた)改革(かいかく)叫ば(さけば)れる(りょう)()時代(じだい)教員(きょういん)(いのち)をもって訴える(うったえる)遺族(いぞく)現職(げんしょく)教員(きょういん)(こえ)学校(がっこう)実態(じったい)(ふか)掘り(ほり)から、待った(まった)なしで求め(もとめ)られる教育(きょういく)現場(げんば)変革(へんかく)について訴え(うったえ)ます。

番組(ばんぐみ)ナレーションに菅田(すげた)(すすむ)(あきら)起用(きよう)した理由(りゆう)

菅田(すげた)(すすむ)(あきら)さんは『聖職(せいしょく)のゆくえ』の取材(しゅざい)をしていたタイミングと(どう)時期(じき)に、ドラマ『3(ねん)A(ぐみ)(いま)から皆さん(みなさん)は、人質(ひとじち)です-』の主役(しゅやく)として教員(きょういん)(やく)演じ(えんじ)られていました。

『3(ねん)A(ぐみ)』の放送(ほうそう)重ねる(かさねる)(たび)に、ドラマ、そして菅田(すげた)さんの見事(みごと)にはまっていた教員(きょういん)(やく)への世間(せけん)反響(はんきょう)大きく(おおきく)なっていきました。そして(わたし)福井(ふくい)市内(しない)中学校(ちゅうがっこう)密着(みっちゃく)取材(しゅざい)していた(とき)、ある先生(せんせい)生徒(せいと)に「最近(さいきん)よく見る(みる)テレビ番組(ばんぐみ)は?」と聞い(きい)たところ、間髪(かんぱつ)入れ(いれ)ずに(なん)(にん)もの生徒(せいと)が『3(ねん)A(ぐみ)』と答え(こたえ)ました。

その(とき)教員(きょういん)働き(はたらき)(かた)について、世の中(よのなか)(ひと)自分(じぶん)(ごと)として捉える(とらえる)くらいに真剣(しんけん)考え(かんがえ)てもらうには、(いま)まさに菅田(すげた)(すすむ)(あきら)のナレーションで伝える(つたえる)のが一番(いちばん)だと感じ(かんじ)ました。大人(おとな)学生(がくせい)だけでなく、中学生(ちゅうがくせい)のような若い(わかい)世代(せだい)にも()てもらい、考え(かんがえ)てもらえるようにと、そう思い(おもい)菅田(すげた)さんにお願いしました。

菅田(すげた)さんにお会い(あい)すると、ナレーションはニュース特集(とくしゅう)(いち)()だけやったことがあるもののあまり経験(けいけん)はなく、55(ふん)といった(ちょう)(しゃく)、しかもドキュメンタリーは初めて(はじめて)聞き(きき)ました。しかし、菅田(すげた)さんの地元(じもと)教員(きょういん)をやっている友達(ともだち)もいて、自分(じぶん)自身(じしん)もかつて教員(きょういん)への(ゆめ)抱い(だい)ていたこともあったとのことで、過酷(かこく)教員(きょういん)現状(げんじょう)、そしてその働き(はたらき)(かた)改革(かいかく)にスポットをあてた番組(ばんぐみ)であればやろうと、ナレーションを引き受け(ひきうけ)ていただくことができました。

番組(ばんぐみ)概要(がいよう)

(だい)28(かい)FNSドキュメンタリー大賞(たいしょう)ノミネート作品(さくひん)福井(ふくい)テレビ開局(かいきょく)50周年(しゅうねん)記念(きねん)番組(ばんぐみ) 聖職(せいしょく)のゆくえ~働き(はたらき)(かた)改革(かいかく)元年(がんねん)~』

放送(ほうそう)

2019(ねん)8(つき)15(にち)())26()55(ふん)~27()50(ふん)

制作(せいさく)

福井(ふくい)テレビ

Loading