なぜ日本(にっぽん)韓国(かんこく)より「言論(げんろん)自由(じゆう)()」が低い(ひくい)のか

言論(げんろん)表現(ひょうげん)自由(じゆう)」が脅かさ(おびやかさ)れているのではないか

8(つき)1(にち)から開催(かいさい)された「あいちトリエンナーレ2019」の(なか)の「表現(ひょうげん)不自由(ふじゆう)(てん)・その後」が、言論(げんろん)自由(じゆう)()低い(ひくい)この(くに)に"ふさわしい"終わり(おわり)(かた)をしてしまった。

2017(ねん)にトリエンナーレの芸術(げいじゅつ)監督(かんとく)起用(きよう)されたジャーナリストの津田(つだ)大介(だいすけ)発案(はつあん)し、作家(さっか)男女(だんじょ)()同じ(おなじ)にしたり、社会(しゃかい)問題(もんだい)扱っ(あつかっ)作品(さくひん)多く(おおく)するなどの試み(こころみ)話題(わだい)になっていた。

(ちゅう)でも、「表現(ひょうげん)不自由(ふじゆう)(てん)・その後」は、(つぎ)のような趣旨(しゅし)展示(てんじ)するということもあり、注目(ちゅうもく)されていた。

「『表現(ひょうげん)不自由(ふじゆう)(てん)』は、日本(にっぽん)における『言論(げんろん)表現(ひょうげん)自由(じゆう)』が脅かさ(おびやかさ)れているのではないかという強い(つよい)危機(きき)意識(いしき)から、組織(そしき)(てき)検閲(けんえつ)忖度(そんたく)によって表現(ひょうげん)機会(きかい)奪わ(うばわ)れてしまった作品(さくひん)集め(あつめ)、2015(ねん)開催(かいさい)された展覧(てんらん)(かい)。『慰安(いあん)()問題(もんだい)天皇(てんのう)戦争(せんそう)植民(しょくみん)()支配(しはい)憲法(けんぽう)9(じょう)政権(せいけん)批判(ひはん)など、近年(きんねん)公共(こうきょう)文化(ぶんか)施設(しせつ)で『タブー』とされがちなテーマの作品(さくひん)が、当時(とうじ)いかにして『排除(はいじょ)』されたのか、実際(じっさい)展示(てんじ)()許可(きょか)になった理由(りゆう)とともに展示(てんじ)した。今回(こんかい)は、『表現(ひょうげん)不自由(ふじゆう)(てん)』で扱っ(あつかっ)作品(さくひん)の『その後』に加え(くわえ)、2015(ねん)以降(いこう)新た(あらた)公立(こうりつ)美術館(びじゅつかん)などで展示(てんじ)()許可(きょか)になった作品(さくひん)を、同様(どうよう)()許可(きょか)になった理由(りゆう)とともに展示(てんじ)する」(公式(こうしき)ウェブサイトより)

展示(てんじ)されているのは、「平和(へいわ)少女(しょうじょ)(ぞう)」となっているが、ソウルの日本(にっぽん)大使館(たいしかん)(まえ)にある「慰安(いあん)()(ぞう)」と同じ(おなじ)作家(さっか)によるものなどである。

写真(しゃしん)時事通信(じじつうしん)フォト
「あいちトリエンナーレ2019」の企画(きかく)(てん)表現(ひょうげん)不自由(ふじゆう)(てん)・その後」を中止(ちゅうし)することが決まり(きまり)取材(しゅざい)応じる(おうじる)芸術(げいじゅつ)監督(かんとく)津田(つだ)大介(だいすけ)()=8(つき)3(にち)名古屋(なごや)()(ひがし)() - 写真(しゃしん)時事通信(じじつうしん)フォト

お上からひも付き(つき)のおカネが()ている展覧(てんらん)(かい)

大浦(おおうら)信行(のぶゆき)昭和(しょうわ)天皇(てんのう)をモチーフにした「遠近(えんきん)抱え(かかえ)て」、作者(さくしゃ)不詳(ふしょう)の「梅雨(つゆ)(そら)に『(きゅう)(じょう)守れ(まもれ)』の女性(じょせい)デモ」という俳句(はいく)横尾(よこお)忠則(ただのり)のラッピング電車(でんしゃ)(だい)()(ごう)(あん)「ターザン」などが陳列(ちんれつ)されている。

(わたし)時間(じかん)とカネがあったら()てみたいと思っ(おもっ)ていた。(にち)(かん)関係(かんけい)最悪(さいあく)とされるこの時期(じき)に、慰安(いあん)()(ぞう)展示(てんじ)するのは、いささか覚悟(かくご)がいったことだろう。津田(つだ)をはじめとする実行(じっこう)委員(いいん)たちの苦労(くろう)(あと)を、この()確かめ(たしかめ)たいと思っ(おもっ)た。

ちなみにこのトリエンナーレは愛知(あいち)(けん)名古屋(なごや)()補助(ほじょ)(きん)出し(だし)文化庁(ぶんかちょう)助成(じょせい)事業(じぎょう)である。つまり、お上からひも付き(つき)のおカネが()ているということである。

開催(かいさい)からわずか3(にち)()に、津田(つだ)大村(おおむら)秀章(ひであき)愛知(あいち)県知事(けんちじ)会見(かいけん)行い(おこない)、「表現(ひょうげん)不自由(ふじゆう)(てん)・その後」を中止(ちゅうし)すると発表(はっぴょう)したのだ。

きちんと作品(さくひん)()ていない河村(かわむら)たかし市長(しちょう)口火(くちび)

口火(くちび)河村(かわむら)たかし・名古屋(なごや)市長(しちょう)だった。2(にち)展示(てんじ)視察(しさつ)した(のち)慰安(いあん)()(ぞう)について「どう考え(かんがえ)ても日本人(にっぽんじん)の、国民(こくみん)(こころ)踏みにじる(ふみにじる)もの。いかんと思う(おもう)」として、作品(さくひん)展示(てんじ)即刻(そっこく)中止(ちゅうし)するよう大村(おおむら)県知事(けんちじ)求める(もとめる)といい出し(だし)たのだ。

だが、『週刊(しゅうかん)新潮(しんちょう)』(8/15・22(ごう))で、美術(びじゅつ)評論(ひょうろん)()藤田(ふじた)(いち)(にん)は、オープニング前日(ぜんじつ)のレセプションで、「河村(かわむら)さんは『燃えよ(もえよ)ドラゴンズ!』の替え歌(かえうた)気持ちよ(きもちよ)さそうに歌っ(うたっ)ていました。つまり、プレビューに呼ば(よば)れても、きちんと作品(さくひん)()ていない。その程度(ていど)問題(もんだい)意識(いしき)だったわけです」と話し(はなし)ている。

本人(ほんにん)気付か(きずか)ず、(だれ)かに入れ知恵(いれじえ)されたのであろう。(かん)官房(かんぼう)長官(ちょうかん)も2(にち)会見(かいけん)で「補助(ほじょ)(きん)交付(こうふ)決定(けってい)にあたっては、事実(じじつ)関係(かんけい)確認(かくにん)精査(せいさ)して適切(てきせつ)対応(たいおう)したい」と(くち)出し(だし)た。

大村(おおむら)県知事(けんちじ)河村(かわむら)らに「憲法(けんぽう)違反(いはん)疑い(うたがい)がある」と抗議(こうぎ)している。

実行(じっこう)委員(いいん)(かい)津田(つだ)大介(だいすけ)芸術(げいじゅつ)監督(かんとく)未熟(みじゅく)すぎます」

中止(ちゅうし)至っ(いたっ)直接的(ちょくせつてき)要因(よういん)は、県庁(けんちょう)にかかって()大量(たいりょう)のの抗議(こうぎ)(ばなし)やFAX、メールで、その(なか)には「ガソリン携行(けいこう)(かん)持っ(もっ)てお邪魔(じゃま)する」という、京都(きょうと)アニメーション放火(ほうか)事件(じけん)想起(そうき)させる脅迫(きょうはく)まであったからだという。

津田(つだ)開会(かいかい)(まえ)、「感情(かんじょう)揺さぶる(ゆさぶる)のが芸術(げいじゅつ)なのに、『(だれ)かの感情(かんじょう)害する(がいする)』という理由(りゆう)で、自由(じゆう)表現(ひょうげん)制限(せいげん)されるケースが増え(ふえ)ている。政治(せいじ)(てき)主張(しゅちょう)をする企画(きかく)(てん)ではない。実物(じつぶつ)()て、それぞれが判断(はんだん)する()提供(ていきょう)したい」と語っ(かたっ)ていたが、判断(はんだん)する()自ら(みずから)閉じ(とじ)てしまったのである。

当然(とうぜん)津田(つだ)に対する批判(ひはん)はネット(じょう)でも燃え上がっ(もえあがっ)た。批判(ひはん)内容(ないよう)は、宮台(みやのだい)真司(しんじ)首都(しゅと)大学(だいがく)教授(きょうじゅ)朝日新聞(あさひしんぶん)(8(つき)10(にち)(ずけ)でいっている、この言葉(ことば)集約(しゅうやく)されると思う(おもう)

今回(こんかい)中止(ちゅうし)脅迫(きょうはく)による混乱(こんらん)理由(りゆう)で、言語道断(ごんごどうだん)です。毅然(きぜん)(きぜん)とした態度(たいど)貫か(つらぬか)ないと、脅し(おどし)(もの)勝ち(がち)になる。フランスのシャルリー・エブド()襲撃(しゅうげき)事件(じけん)では、マスコミも政治(せいじ)()識者(しきしゃ)も『テロに屈する(くっする)な』と叫ん(さけん)だはずです。

警察(けいさつ)連携(れんけい)(べつ)会場(かいじょう)でボディーチェックなど対処(たいしょ)(ほう)編み出す(あみだす)べきなのに、それをせず3日間(にちかん)中止(ちゅうし)したトリエンナーレ実行(じっこう)委員(いいん)(かい)津田(つだ)大介(だいすけ)芸術(げいじゅつ)監督(かんとく)未熟(みじゅく)すぎます」

この(くに)言論(げんろん)表現(ひょうげん)自由(じゆう)は「窒息(ちっそく)寸前(すんぜん)

中止(ちゅうし)決まっ(きまっ)たのを聞い(きい)(とき)(わたし)は、週刊(しゅうかん)朝日(あさひ)掲載(けいさい)した佐野(さの)眞一(しんいち)(ふで)による橋下(はしした)(とおる)大阪(おおさか)府知事(ふちじ)当時(とうじ)批判(ひはん)騒動(そうどう)思い出し(おもいだし)た。

自分(じぶん)出自(しゅつじ)まで暴く(あばく)連載(れんさい)開始(かいし)した朝日(あさひ)に対して、橋下(はしした)激怒(げきど)し、親会社(おやがいしゃ)朝日新聞(あさひしんぶん)(もう)抗議(こうぎ)した。

(わたし)一読(いちどく)して、ここまで書く(かく)覚悟(かくご)があるのだから、週刊(しゅうかん)朝日(あさひ)は、当然(とうぜん)橋下(はしした)抗議(こうぎ)想定(そうてい)済み(ずみ)で、(だい)2、(だい)3の()繰り出し(くりだし)てくるのだろうと思っ(おもっ)た。だが、朝日(あさひ)佐野(さの)は、なすすべもなく(はし)()謝罪(しゃざい)し、朝日新聞(あさひしんぶん)出版(しゅっぱん)社長(しゃちょう)辞め(やめ)編集(へんしゅう)(ちょう)更迭(こうてつ)されてしまった。

私見(しけん)だが、(いま)のこの(くに)言論(げんろん)表現(ひょうげん)自由(じゆう)は、狭まっ(せばまっ)ている、不自由(ふじゆう)という段階(だんかい)ではなく「窒息(ちっそく)寸前(すんぜん)」だと思う(おもう)

そんな事例(じれい)枚挙(まいきょ)にいとまがないが、最近(さいきん)ビックリして、椅子(いす)から転がり(ころがり)落ち(おち)そうになった報道(ほうどう)一つ(ひとつ)だけあげておく。

長崎(ながさき)(けん)佐世保(させぼ)()で4(にち)開催(かいさい)された『原爆(げんばく)写真(しゃしん)(てん)』の後援(こうえん)依頼(いらい)()教育(きょういく)委員(いいん)(かい)断っ(ことわっ)ていたことが、関係(かんけい)(しゃ)への取材(しゅざい)明らか(あきらか)になった。同時に(どうじに)実施(じっし)する『ヒバクシャ国際(こくさい)署名(しょめい)活動(かつどう)が『政治(せいじ)(てき)中立(ちゅうりつ)侵す(おかす)恐れ(おそれ)がある』と判断(はんだん)した。主催(しゅさい)団体(だんたい)は『(かく)廃絶(はいぜつ)署名(しょめい)活動(かつどう)のどこに政治(せいじ)(てき)中立(ちゅうりつ)問題(もんだい)があるのか』と反発(はんぱつ)している」(毎日新聞(まいにちしんぶん)8(つき)5(にち)(ずけ)

報道(ほうどう)自由(じゆう)()ランキング」は日本(にっぽん)67()米国(べいこく)48()韓国(かんこく)41()

アメリカは9・11が起き(おき)て、「愛国(あいこく)(しゃ)(ほう)」をつくりメディアを沈黙(ちんもく)させたが、この(くに)は、そんな法律(ほうりつ)をつくらずとも、ほとんどのメディアは権力(けんりょく)逆らわ(さからわ)ずに沈黙(ちんもく)するか、権力(けんりょく)(がわ)のいいなりになって恥じる(はじる)ことがない。

国境(こっきょう)なき記者(きしゃ)(だん)毎年(まいとし)発表(はっぴょう)している「報道(ほうどう)自由(じゆう)()ランキング」で、この(くに)今年(ことし)67()である。アメリカは48()韓国(かんこく)は41()だ。

安倍(あべ)政権(せいけん)になってからズルズルと下がっ(さがっ)ているが、(わたし)安倍(あべ)強権(きょうけん)政治(せいじ)のためだとは思っ(おもっ)ていない。われわれ(いち)(にん)(いち)(にん)に、言論(げんろん)表現(ひょうげん)自由(じゆう)守ろ(まもろ)うという強い(つよい)気持ち(きもち)がないからである。これは日本国(にっぽんこく)憲法(けんぽう)同じ(おなじ)で、(いのち)懸け(かけ)てわれわれが勝ち取っ(かちとっ)たものではないからだ。

(にち)(かん)関係(かんけい)最悪(さいあく)(いま)慰安(いあん)()(ぞう)展示(てんじ)すればどうなるかぐらいは、津田(つだ)をはじめとする、これを手掛け(てがけ)連中(れんちゅう)にもわかっていたはずだ。それをあえてやるからには、それ相応(そうおう)覚悟(かくご)があったはずだったと思い(おもい)たい。なかったらバカの集まり(あつまり)である。

表現(ひょうげん)自由(じゆう)」の危機(きき)可視(かし)()できる絶好(ぜっこう)のチャンスだった

ガソリンをまいてやるという脅迫(きょうはく)があったから中止(ちゅうし)したといういい(ぶん)も、(わたし)には納得(なっとく)できない。こうした脅迫(きょうはく)恫喝(どうかつ)権力(けんりょく)(がわ)介入(かいにゅう)含め(ふくめ)て、この(くに)には表現(ひょうげん)自由(じゆう)言論(げんろん)自由(じゆう)危険(きけん)水域(すいいき)にまで達し(たっし)ていることを"可視(かし)()"できる絶好(ぜっこう)のチャンスだったはずである。

パフォーマンスといういい(ほう)嫌い(きらい)だが、言論(げんろん)自由(じゆう)()韓国(かんこく)よりはるかに低い(ひくい)この(くに)の「現実(げんじつ)」を、(なに)考え(かんがえ)なくなっている日本人(にっぽんじん)突きつけ(つきつけ)てやる画期的(かっきてき)なイベントにできたはずだった。

それを、津田(つだ)(なみだ)終わら(おわら)せてしまってはいけない。

そういうお前に、そんな覚悟(かくご)があるのか? そう問わ(とわ)れれば「ない」と答える(こたえる)(よわい)70を超え(こえ)ても(いのち)惜しい(おしい)

そんな(わたし)だが、(むかし)表現(ひょうげん)自由(じゆう)守る(まもる)ために、少し(すこし)だけ闘っ(たたかっ)たことがあった。(むね)張っ(はっ)ていえることではないかもしれないが、「(せい)表現(ひょうげん)自由(じゆう)」を少し(すこし)だけ(まえ)推し進め(おしすすめ)たのは(わたし)だったと自負(じふ)している。

1993(ねん)に「ヘア・ヌード」という言葉(ことば)生まれ(うまれ)

週刊(しゅうかん)現代(げんだい)編集(へんしゅう)(ちょう)時代(じだい)に、「ヘア・ヌード」という言葉(ことば)創っ(つくっ)た。(いま)週刊(しゅうかん)()氾濫(はんらん)しているヘア・ヌードだが、こうなったのはそう遠い(とおい)(むかし)ではない。

月刊(げっかん)()面白(おもしろ)半分(はんぶん)』の編集(へんしゅう)(ちょう)だった作家(さっか)野坂(のさか)(あきら)如が、永井(ながい)荷風(かふう)(さく)とされる『四畳半(よじょうはん)(ふすま)(しも)(ちょう)』を同誌(どうし)1972(ねん)7(つき)(ごう)掲載(けいさい)した。これが刑法(けいほう)175(じょう)のわいせつ文書(ぶんしょ)販売(はんばい)(つみ)当たる(あたる)とされ、野坂(のさか)同誌(どうし)社長(しゃちょう)起訴(きそ)され、最高裁(さいこうさい)有罪(ゆうざい)確定(かくてい)したのが1980(ねん)の11(つき)である。

それまでも(せい)表現(ひょうげん)自由(じゆう)(とびら)をこじ開けようと努力(どりょく)し、果たせ(はたせ)ずに辞め(やめ)ていった多く(おおく)先輩(せんぱい)編集(へんしゅう)(しゃ)たちがいた。

(せい)表現(ひょうげん)自由(じゆう)遅々(ちち)として(まえ)進ま(すすま)なかった。ヘア・ヌードという言葉(ことば)生まれ(うまれ)たのは1993(ねん)である。(せい)表現(ひょうげん)自由(じゆう)急速(きゅうそく)広がっ(ひろがっ)たが、同時に(どうじに)朝日新聞(あさひしんぶん)始め(はじめ)とする「良識(りょうしき)()」からの攻撃(こうげき)広告(こうこく)(ぬし)への圧力(あつりょく)、JALを始め(はじめ)とする機内(きない)()からの排除(はいじょ)桜田門(さくらだもん)警視庁(けいしちょう))からの恫喝(どうかつ)自宅(じたく)への嫌がらせ(いやがらせ)電話(でんわ)激し(はげし)さを増し(まし)てきた。

このままではせっかく広がっ(ひろがっ)てきた(せい)表現(ひょうげん)自由(じゆう)後戻り(あともどり)してしまう。そう考え(かんがえ)(わたし)は、週刊(しゅうかん)現代(げんだい)誌上(しじょう)で「ヘア・ヌード断筆(だんぴつ)宣言(せんげん)」を発表(はっぴょう)する。以来(いらい)編集(へんしゅう)(ちょう)辞す(じす)までこの言葉(ことば)使わ(つかわ)なかった。

つまらないことを長々(ながなが)書い(かい)たが、表現(ひょうげん)自由(じゆう)(なか)の「(せい)表現(ひょうげん)自由(じゆう)」を多少(たしょう)でも(まえ)進めよ(すすめよ)うとしたバカがいたことを知っ(しっ)ていただきたかったからである。

8(つき)9(にち)長崎(ながさき)()田上(たうえ)富久(ふく)市長(しちょう)訴え(うったえ)たこと

日本人(にっぽんじん)多く(おおく)は、韓国(かんこく)よりこの(くに)のほうが言論(げんろん)表現(ひょうげん)自由(じゆう)はあると錯覚(さっかく)している。だが、(にち)(かん)関係(かんけい)悪化(あっか)する(なか)で、「韓国(かんこく)(じん)痛み(いたみ)もわかってやれ」「輸入(ゆにゅう)規制(きせい)はするべきではない」と大声(おおごえ)叫べる(さけべる)日本人(にっぽんじん)(なん)(にん)いるだろうか。

韓国(かんこく)では、伝え(つたえ)られるところによると、日本(にっぽん)製品(せいひん)不買(ふばい)運動(うんどう)といった反日(はんにち)煽る(あおる)(ひと)たちがいるのに対して、それに反対(はんたい)する動き(うごき)もかなりあるという。

そうした(なか)起き(おき)た、今回(こんかい)不自由(ふじゆう)(てん)中止(ちゅうし)"事件(じけん)"は、権力(けんりょく)負け(まけ)た、脅し(おどし)屈し(くっし)たなどという(てい)次元(じげん)論争(ろんそう)終わら(おわら)せてはいけない。

8(つき)9(にち)長崎(ながさき)()平和(へいわ)公園(こうえん)平和(へいわ)祈念(きねん)式典(しきてん)があり、田上(たうえ)富久(ふく)市長(しちょう)はこう訴え(うったえ)た。

日本(にっぽん)政府(せいふ)訴え(うったえ)ます。日本(にっぽん)(いま)核兵器(かくへいき)禁止(きんし)条約(じょうやく)()向け(むけ)ています。唯一(ゆいいつ)戦争(せんそう)被爆(ひばく)(こく)責任(せきにん)として、一刻(いっこく)早く(はやく)核兵器(かくへいき)禁止(きんし)条約(じょうやく)署名(しょめい)批准(ひじゅん)してください。そのためにも朝鮮半島(ちょうせんはんとう)非核(ひかく)()動き(うごき)捉え(とらえ)、『(かく)(かさ)』ではなく、『非核(ひかく)(かさ)』となる北東(ほくとう)アジア非核(ひかく)兵器(へいき)地帯(ちたい)検討(けんとう)始め(はじめ)てください。そして(なに)よりも『戦争(せんそう)をしない』という決意(けつい)込め(こめ)日本国(にっぽんこく)憲法(けんぽう)平和(へいわ)理念(りねん)堅持(けんじ)と、それを世界(せかい)広げる(ひろげる)リーダーシップを発揮(はっき)することを求め(もとめ)ます」

当たり前(あたりまえ)のことを当たり前(あたりまえ)にいえる(くに)にする。そんなことをいわなくてはいけないほど、この(くに)言論(げんろん)表現(ひょうげん)自由(じゆう)傷ん(いたん)でいる。(文中(ぶんちゅう)敬称(けいしょう)(りゃく)

元木(もとき) 昌彦(まさひこ)(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945(ねん)生まれ(うまれ)講談社(こうだんしゃ)で『フライデー』『週刊(しゅうかん)現代(げんだい)』『Web現代(げんだい)』の編集(へんしゅう)(ちょう)歴任(れきにん)する。上智大学(じょうちだいがく)明治学院大学(めいじがくいんだいがく)などでマスコミ(ろん)講義(こうぎ)(おも)著書(ちょしょ)に『編集(へんしゅう)(しゃ)学校(がっこう)』(講談社(こうだんしゃ)編著(へんちょ))『編集(へんしゅう)(しゃ)教室(きょうしつ)』(徳間書店(とくましょてん))『週刊(しゅうかん)()死な(しな)ず』(朝日新聞(あさひしんぶん)出版(しゅっぱん))『「週刊(しゅうかん)現代(げんだい)編集(へんしゅう)(ちょう)戦記(せんき)』(イーストプレス)などがある。

写真(しゃしん)時事通信(じじつうしん)フォト)

Loading