アニメ『ゆるキャン』監督(かんとく)(だい)2()映画(えいが)のテーマを語る(かたる)

 7(つき)26(にち)~28(にち)にアメリカ・ワシントンD.C. Walter E. Washington Convention Centerで開催(かいさい)されたアニメイベント“OTAKON 2019”より招待(しょうたい)受け(うけ)、TVアニメ『ゆるキャン△』監督(かんとく)京極(きょうごく)義昭(よしあき)さん、大垣(おおがき)千明(ちあき)(やく)(はら)(しゃ)友里(ゆうり)さん、プロデューサー・堀田(ほった)章一(しょういち)さんがトークイベントやサイン(かい)などに参加(さんか)しました。

 (ほん)記事(きじ)では、イベントのオフィシャルレポートをお届け(とどけ)します。

 初日(しょにち)の7(つき)26(にち)開会(かいかい)(しき)登壇(とうだん)(かく)作品(さくひん)より今回(こんかい)“OTAKON”に招待(しょうたい)されたゲストが順番(じゅんばん)出演(しゅつえん)し、『ゆるキャン△』からは京極(きょうごく)監督(かんとく)(はら)さん、堀田(ほった)プロデューサーが一言(ひとこと)ずつ挨拶(あいさつ)しました。

 登場(とうじょう)しただけで(だい)盛り上がり(もりあがり)会場(かいじょう)で、(はら)さんは「Hello, everyone!」と英語(えいご)挨拶(あいさつ)。3(にん)現地(げんち)()ての感想(かんそう)当日(とうじつ)行う(おこなう)パネルのPRを行い(おこない)(くだ)(だん)しました。

 その後、現地(げんち)(ひと)触れ合う(ふれあう)サイン(かい)挟み(はさみ)、“『ゆるキャン△』に至る(いたる)までのこれまでの歩み(あゆみ)”をテーマに(はら)さん個人(こじん)のトークイベントおよび京極(きょうごく)監督(かんとく)堀田(ほった)プロデューサーが登壇(とうだん)するトークイベントが行わ(おこなわ)れました。

 どちらのステージも質疑(しつぎ)応答(おうとう)では、質問(しつもん)するマイクの(まえ)にたくさんの(れつ)ができ、盛況(せいきょう)うちに終了(しゅうりょう)しました。



 そして京極(きょうごく)監督(かんとく)(はら)さん、堀田(ほった)プロデューサーの『ゆるキャン△』チーム3(にん)出演(しゅつえん)するパネルも初日(しょにち)行わ(おこなわ)れました。一言(ひとこと)ずつ挨拶(あいさつ)すると、堀田(ほった)プロデューサーからの来場(らいじょう)(しゃ)向け(むけ)て「どのキャラクターが好き(すき)?」という質問(しつもん)が。

 「なでしこ」、「リン」など会場(かいじょう)から(こえ)上がり(あがり)ましたが、(はら)さんの「ち、ち、ちあ」という先導(せんどう)のもと「千明(ちあき)」と来場(らいじょう)(しゃ)言わ(いわ)せ、会場(かいじょう)沸か(わか)せました。

 『ゆるキャン△』の仕事(しごと)受け(うけ)(とき)(はつ)印象(いんしょう)聞か(きか)れた京極(きょうごく)監督(かんとく)は「最初(さいしょ)原作(げんさく)読ん(よん)(とき)非常(ひじょう)完成(かんせい)()高い(たかい)作品(さくひん)だと感じ(かんじ)、このような完成(かんせい)された作品(さくひん)をアニメーションにするのが非常(ひじょう)難しい(むずかしい)ので、どうやってこの魅力(みりょく)(てき)作品(さくひん)映像(えいぞう)()しようか(あたま)悩ま(なやま)せた」と答え(こたえ)ました。

 (はら)さんは最初(さいしょ)オーディションを受ける(うける)(さい)に2キャラ選ん(えらん)でいいと言わ(いわ)れ、千明(ちあき)となでしこを選び(えらび)、テープでのオーディション()、スタジオに呼ば(よば)れた(さい)には千明(ちあき)絞ら(しぼら)れていたと告白(こくはく)

 堀田(ほった)プロデューサーからは、すかさず「(はら)さんのなでしこもかわいかった」という感想(かんそう)が。京極(きょうごく)監督(かんとく)からは「千明(ちあき)(こえ)(はら)さん以外(いがい)考え(かんがえ)られなかった」、「千明(ちあき)芝居(しばい)はアフレコの(とき)にあまり直さ(なおさ)なかった」と称賛(しょうさん)する場面(ばめん)もありました。

 続い(つずい)仕事(しごと)受け(うけ)(さい)意気込み(いきごみ)聞か(きか)れ、京極(きょうごく)監督(かんとく)はやりがいのある作品(さくひん)でやる気がみなぎっていたという。堀田(ほった)プロデューサーは「自分(じぶん)から皆さん(みなさん)にお願いした立場(たちば)なので一緒(いっしょ)頑張っ(がんばっ)ていきましょうという気持ち(きもち)だった」とコメントしました。

 (はら)さんは「原作(げんさく)読ん(よん)(とき)に、キレイな世界(せかい)(かん)だったので、千明(ちあき)明るく(あかるく)コミカルなキャラが世界(せかい)(かん)壊し(こわし)てしまうのではないかと不安(ふあん)思っ(おもっ)ていたが、やりすぎたら止め(とめ)てもらえると思い(おもい)全力(ぜんりょく)演じ(えんじ)させていただきました」と語り(かたり)ました。

 作品(さくひん)作り(つくり)終え(おえ)(のち)改めて(あらためて)キャンプに行き(いき)たくなったかを聞か(きか)れると、京極(きょうごく)監督(かんとく)(いま)行き(いき)たいと思っ(おもっ)ており、忙しく(いそがしく)あまり行け(いけ)ていないが、2()のロケハンのために久々(ひさびさ)取材(しゅざい)行き(いき)楽しかっ(たのしかっ)たと語り(かたり)ました。

 それに対し(はら)さんは連れ(つれ)行っ(いっ)てほしいと監督(かんとく)にお願いしていました。さらに京極(きょうごく)監督(かんとく)はソロキャンプにも挑戦(ちょうせん)したことを話し(はなし)ました。自由(じゆう)時間(じかん)使える(つかえる)し、リンと同じ(おなじ)コンロで(にく)焼き(やき)、おいしかったと語り(かたり)ました。

 堀田(ほった)プロデューサーは『ゆるキャン△』を最初(さいしょ)にやると決まっ(きまっ)(とき)に、堀田(ほった)プロデューサー、京極(きょうごく)監督(かんとく)、アニメ制作(せいさく)プロデューサー、メインシナリオライターの4(にん)本栖湖(もとすこ)にキャンプに行っ(いっ)たと告白(こくはく)京極(きょうごく)監督(かんとく)からはそのキャンプで(よる)まで(あめ)降っ(ふっ)ていたが、(あさ)になると晴れ(はれ)ており、きれいに富士山(ふじさん)見え(みえ)感動(かんどう)したため、1()富士山(ふじさん)描く(えがく)ことができたと語り(かたり)ました。

 続い(つずい)ては来場(らいじょう)(しゃ)からの質問(しつもん)のコーナーへ。作中(さくちゅう)にたくさんの料理(りょうり)()てくるが、作画(さくが)するために実際(じっさい)調理(ちょうり)されたかとの質問(しつもん)があり。京極(きょうごく)監督(かんとく)作品(さくひん)()てきた料理(りょうり)一度(いちど)調理(ちょうり)し、キャラクターデザイナーの佐々木(ささき)睦美(むつみ)さんがすべての料理(りょうり)作画(さくが)修正(しゅうせい)したと説明(せつめい)佐々木(ささき)さんは食べる(たべる)ことが好き(すき)なので、とてもおいしそうに描い(えがい)てくれたと語り(かたり)ました。

 なお、京極(きょうごく)監督(かんとく)一番(いちばん)お気に入りの食べ物(たべもの)寒い(さむい)(なか)食べ(たべ)た担々餃子(ぎょうざ)(なべ)とのことでした。

 ()に、作中(さくちゅう)音楽(おんがく)重要(じゅうよう)役割(やくわり)担っ(になっ)ているが音楽(おんがく)使い方(つかいかた)最初(さいしょ)から狙っ(ねらっ)ていたのかという質問(しつもん)があり、堀田(ほった)プロデューサーは「もちろんです」と答え(こたえ)ました。

 アイリッシュなどを中心(ちゅうしん)とした民族(みんぞく)音楽(おんがく)はアウトドアをテーマにした作品(さくひん)合う(あう)はずと考え(かんがえ)ていたと語り(かたり)音楽(おんがく)担当(たんとう)した立山(たてやま)秋航(しゅうこう)さんが非常(ひじょう)魅力(みりょく)(てき)音楽(おんがく)制作(せいさく)してくれたので、より狙っ(ねらっ)ていた以上(いじょう)効果(こうか)()たとのことでした。

 京極(きょうごく)監督(かんとく)からはこの作品(さくひん)独自(どくじ)珍しい(めずらしい)試み(こころみ)として、()てくる7カ所のキャンプ(じょう)合わせ(あわせ)て、7つのテーマソングを制作(せいさく)し、そのキャンプ(じょう)ではその音楽(おんがく)以外(いがい)使用(しよう)しないと決め(きめ)ていたと告白(こくはく)しました。

 さらに、オープニング・エンディングはどういった(きょく)をオーダーしたのかを聞か(きか)れ、オープニングは「キャンプに行く(いく)(くるま)(なか)掛け(かけ)たくなるような(きょく)」とリクエストし、エンディングは「焚火(たきび)囲み(かこみ)ながら聞き(きき)たい落ち着い(おちつい)(きょく)」というリクエストをし、オープニングから本編(ほんぺん)、そしてエンディングまでを通して1つのキャンプ体験(たいけん)ができるような音楽(おんがく)作り(ずくり)をしたと堀田(ほった)プロデューサーは語り(かたり)ました。

 続い(つずい)(だい)2()映画(えいが)に関してどのようなテーマで作っ(つくっ)ていくか質問(しつもん)があり、(だい)1()はリンとなでしこの出会い(であい)から()クルに仲間(なかま)増え(ふえ)、いろんな(ひと)やキャンプへの出会い(であい)をなでしこが知る(しる)という物語(ものがたり)であったと京極(きょうごく)監督(かんとく)説明(せつめい)

 これからのシーズンについては、キャンプから遠く(とおく)移動(いどう)していく(たび)多く(おおく)含ま(ふくま)れていくと明言(めいげん)しました。さらに、リンやなでしこが新しい(あたらしい)(たび)出かける(でかける)ことで、自分(じぶん)たちの(いま)までを振り返る(ふりかえる)ような内容(ないよう)になると思う(おもう)とも語り(かたり)ました。

 最後(さいご)に、堀田(ほった)プロデューサーは「楽しい(たのしい)時間(じかん)でした。ありがとうございました」、(はら)さんは「(わたし)知ら(しら)ないことが多く(おおく)、『ゆるキャン△』についてだいぶ知る(しる)ことができました」と感想(かんそう)一言(ひとこと)ずつ話し(はなし)京極(きょうごく)監督(かんとく)からは「これからも『ゆるキャン△』は続く(つずく)のでぜひ楽しん(たのしん)でください」とファンへメッセージを送り(おくり)ました。

 2(にち)()初日(しょにち)同様(どうよう)サイン(かい)実施(じっし)初日(しょにち)のパネルを受け(うけ)てさらにたくさんの(ひと)訪れ(おとずれ)ました。また、3日間(にちかん)を通して『ゆるキャン△』のシリーズビジュアルをチョークで描い(えがい)たチョークアートが制作(せいさく)されました。

 『ゆるキャン△』(はつ)海外(かいがい)のイベントで、ファンからの熱い(あつい)思い(おもい)受け取り(うけとり)、ワシントンD.C.を発ち(たち)ました。


Loading