昨年(さくねん)金足(かなあし)(のう)激闘(げきとう)繰り広げ(くりひろげ)近江(おうみ)(はやし)優樹(ゆうき) 自責(じせき)(てん)1で東海大相模(とうかいだいさがみ)敗れる(やぶれる)

近江(おうみ)のエース・(はやし)優樹(ゆうき)。118(きゅう)完投(かんとう)し、()安打(あんだ)6、失点(しってん)6だったが、自責(じせき)(てん)は1だった(撮影(さつえい)遠崎(とおざき)智宏(ともひろ)


 (だい)101(かい)全国(ぜんこく)高校(こうこう)野球(やきゅう)選手権(せんしゅけん)大会(たいかい)(だい)6(にち)(11(にち))は、(はる)関東(かんとう)王者(おうじゃ)近畿(きんき)王者(おうじゃ)激突(げきとつ)する(こん)大会(たいかい)随一(ずいいち)(こう)カードがあった。東海大相模(とうかいだいさがみ)神奈川(かながわ))―近江(おうみ)滋賀(しが))で、近江(おうみ)予想(よそう)(がい)苦戦(くせん)強い(しい)られ、初戦(しょせん)敗退(はいたい)となった。

 (いち)(かい)近江(おうみ)先発(せんぱつ)(はやし)優樹(ゆうき)のテンポのいい投球(とうきゅう)遊撃手(ゆうげきしゅ)土田(つちた)(りゅう)(そら)(りゅうく)の軽快(けいかい)守備(しゅび)で、先攻(せんこう)東海大相模(とうかいだいさがみ)(さん)(しゃ)連続(れんぞく)遊ゴロ(ゆうごろ)仕留める(しとめる)

 甲子園(こうしえん)球場(きゅうじょう)にかすかな動揺(どうよう)走っ(はしっ)たのは()(かい)だ。2()走者(そうしゃ)なしから6(ばん)遠藤(えんどう)(しげる)(じょう)の打ち(うち)損じ(そんじ)打球(だきゅう)を、捕手(ほしゅ)有馬(ありま)(りょう)一塁(いちるい)(あく)送球(そうきゅう)した。

 滋賀大(しがだい)(かい)では()失策(しっさく)のチーム。しかも、多賀(たが)(あきら)(じん)監督(かんとく)が「今年(ことし)有馬(ありま)のチーム」と絶大(ぜつだい)信頼(しんらい)寄せる(よせる)主将(しゅしょう)失策(しっさく)記録(きろく)した。

 この(のち)遠藤(えんどう)()(とう)決め(きめ)、さらに(さん)(とう)狙っ(ねらっ)たが、有馬(ありま)刺し(さし)()失点(しってん)切り抜け(きりぬけ)た。

 しかし、(さん)(かい)も2()走者(そうしゃ)なしから土田(つちた)失策(しっさく)(よん)(かい)は2()二塁(にるい)から再び(ふたたび)土田(つちた)失策(しっさく)し、ついに先制(せんせい)許し(ゆるし)てしまう。

 「Aggressive Baseball(攻撃(こうげき)(てき)野球(やきゅう))」を掲げる(かかげる)東海大相模(とうかいだいさがみ)積極(せっきょく)(てき)(はし)(るい)が、近江(おうみ)選手(せんしゅ)たちに圧力(あつりょく)与え(あたえ)ていた。

 「あんなに一塁(いちるい)まで全力(ぜんりょく)疾走(しっそう)してくるチームは、滋賀(しが)ではあまりなかった。(はし)(るい)からのプレッシャーは、キャッチャーも野手(やしゅ)もあったと思い(おもい)ますね。準備(じゅんび)不足(ふそく)してたので(きゅう)()られたとき、乱れ(みだれ)てしまったんだと思い(おもい)ます。ミスをしないチームだからこそ、一つ(ひとつ)のミスからがたがたといってしまった部分(ぶぶん)があったんじゃないかな、と思い(おもい)ます」(有馬(ありま)

 ()(かい)にもヒットエンドランで追加(ついか)(てん)許し(ゆるし)(ろく)(かい)は2失策(しっさく)と2単打(たんだ)などで3失点(しってん)(きゅう)(かい)もバント安打(あんだ)()走者(そうしゃ)失策(しっさく)本塁(ほんるい)踏み(ふみ)滋賀大(しがだい)会計(かいけい)26(かい)()失点(しってん)だった(はやし)が、この日計(にっけい)6(てん)失っ(うしなっ)た。

正直(しょうじき)強い(つよい)チームでした。(ひま)のない野球(やきゅう)をずっとしていて、自分(じぶん)たちもエラーを誘わ(さそわ)れた」(左翼(さよく)(しゅ)(じゅう)(たに)(ゆう)也)

 一方(いっぽう)で、打線(だせん)東海大相模(とうかいだいさがみ)先発(せんぱつ)右腕(うわん)遠藤(えんどう)(まえ)決定(けってい)()()ず、(なな)(かい)までわずか2安打(あんだ)(はち)(かい)押し出し(おしだし)四球(しきゅう)で1(てん)奪う(うばう)のが精いっぱい(せいいっぱい)だった。

(ひだり)ピッチャーの野口(のぐち)(ひろし)()投手(とうしゅ)想定(そうてい)して練習(れんしゅう)していた。((みぎ)投げ(なげ)遠藤(えんどう)投手(とうしゅ)先発(せんぱつ)して)まず、そこからちょっとチームに動揺(どうよう)もあったんじゃないかな。最後(さいご)(いち)(ほん)()なかった、打線(だせん)のつながりを切ら(きら)れてしまったというところが、相手(あいて)投手(とうしゅ)がほんまに(いち)(まい)()(まい)上手(じょうず)だったんじゃないかなと思い(おもい)ます。(みぎ)(ひだり)、そこの違い(ちがい)大きな(おおきな)()()た」(有馬(ありま)

 3(ばん)(じゅう)(たに)昨夏(さくなつ)(だい)100(かい)大会(たいかい)(4試合(しあい))で、13打数(だすう)10安打(あんだ)打率(だりつ)7(わり)6(ふん)9(りん)大会(たいかい)記録(きろく)打ち立て(うちたて)(こう)打者(だしゃ)今夏(こんか)滋賀大(しがだい)(かい)(5試合(しあい))も18打数(だすう)10安打(あんだ)のチーム最高(さいこう)打率(だりつ)5(わり)5(ふん)6(りん)をマークし、チームを引っ張っ(ひっぱっ)てきた存在(そんざい)だ。

 だが、この()(いち)(かい)から3打席(だせき)連続(れんぞく)凡退(ぼんたい)(はち)(かい)2()(いち)二塁(にるい)好機(こうき)に、代わっ(かわっ)左腕(さわん)野口(のぐち)から、ようやく(ひだり)(ぜん)安打(あんだ)放っ(はなっ)た。

相手(あいて)のピッチャーが上回り(うわまわり)ました。ずっと低め(ひくめ)突か(つか)れた。変化球(へんかきゅう)も、低め(ひくめ)のストライクからボールになる(たま)対応(たいおう)できずに終わっ(おわっ)感じ(かんじ)です」

 滋賀大(しがだい)(かい)からプレッシャーを感じ(かんじ)ながらも、自ら(みずから)大会(たいかい)記録(きろく)超えよ(こえよ)うと臨ん(のぞん)(なつ)だった。

甲子園(こうしえん)ではあまりプレッシャーなく、自分(じぶん)楽しく(たのしく)できました。(劣勢(れっせい)でも)ベンチも行け(いけ)攻めろ(せめろ)、とずっと言っ(いっ)てて暗く(くらく)なかった。(はやし)もすごくがんばってて、みんな楽しく(たのしく)やってました。この(なか)最後(さいご)楽しく(たのしく)野球(やきゅう)できてよかった。悔い(くい)はないです」

 エース・(はやし)は118(きゅう)完投(かんとう)した。味方(みかた)失策(しっさく)止まら(とまら)失点(しってん)6となったが、()安打(あんだ)6、(あずか)四死球(ししきゅう)1で、自責(じせき)(てん)はわずかに1だった。

 有馬(ありま)は、こうたたえた。

(りん)はよく投げ(なげ)てくれました。今日(きょう)本当に(ほんとうに)よかったと思い(おもい)ますよ。(これまで)ほんまにあまりピリッとしない場面(ばめん)多かっ(おおかっ)たんですけど、大会(たいかい)初戦(しょせん)にベストコンディションで()て、今年(ことし)最高(さいこう)のピッチングしてくれたと思い(おもい)ます」

 そして続け(つずけ)た。

「それに答え(こたえ)られなかったバックが、やっぱり(はやし)申し訳(もうしわけ)ない。そういう気持ち(きもち)ですね」

 昨夏(さくなつ)準々(じゅんじゅん)決勝(けっしょう)金足(かなあし)(のう)秋田(あきた))の逆転(ぎゃくてん)サヨナラ2(てん)スクイズに敗れ(やぶれ)た。劇的(げきてき)なシーンとともに、マウンドでぼうぜんとする(はやし)本塁(ほんるい)(じょう)突っ伏し(つっぷし)たまま起き上がれ(おきあがれ)ない有馬(ありま)姿(すがた)が、多く(おおく)人々(ひとびと)脳裏(のうり)焼き付い(やきつい)た。

 あれから1(ねん)味方(みかた)援護(えんご)なく敗れ(やぶれ)(はやし)は、インタビュールームで(なみだ)暮れ(くれ)た。その()握ら(にぎら)れた帽子(ぼうし)のツバには、「笑顔(えがお)」「日本一(にっぽんいち)のバッテリー」と書か(かか)れていた。

最後(さいご)まで(いち)(にん)投げ(なげ)抜く(ぬく)ことができましたし、有馬(ありま)信じ(しんじ)てこの1年間(ねんかん)ずっとやれてきました。この試合(しあい)有馬(ありま)信じ(しんじ)最後(さいご)まで投げ(なげ)れたので、この(いち)年間(ねんかん)やってきてよかったなと思い(おもい)ました。有馬(ありま)がいなかったら(いま)自分(じぶん)はいないんで、有馬(ありま)にすごく感謝(かんしゃ)しています」(本誌(ほんし)緒方(おがた)(むぎ)

週刊(しゅうかん)朝日(あさひ)オンライン限定(げんてい)記事(きじ)







Loading