(だい)80(かい)(なつ)甲子園(こうしえん)」ノーヒットノーランを達成(たっせい)した2(にん)(めい)投手(とうしゅ)

 投手(とうしゅ)にとっての輝かしい(かがやかしい)記録(きろく)、ノーヒットノーラン。過去(かこ)甲子園(こうしえん)(だい)舞台(ぶたい)でこの(かい)記録(きろく)をやってのけた投手(とうしゅ)たちは、さすがにその後、プロ野球(やきゅう)世界(せかい)大成(たいせい)している(れい)少なく(すくなく)ない。いわゆる“松坂(まつさか)世代(せだい)”であるこの投手(とうしゅ)もその1(にん)。1998(ねん)(だい)80(かい)(なつ)選手権(せんしゅけん)記念(きねん)大会(たいかい)鹿児島実(かごしまじつ)のエースとして出場(しゅつじょう)した杉内(すぎうち)俊哉(としや)(もと)読売(よみうり)など)である。

「まずは四球(しきゅう)出さ(ださ)ないようにしたい。できれば三振(さんしん)もいっぱい取り(とり)たい。強気(つよき)投球(とうきゅう)をしたいです」

 これは初戦(しょせん)八戸(はちのへ)工大(こうだい)(いち)青森(あおもり))との試合(しあい)(まえ)杉内(すぎうち)記者(きしゃ)取材(しゅざい)に対し、語っ(かたっ)言葉(ことば)である。そして試合(しあい)開始(かいし)。“とにかく先頭(せんとう)打者(だしゃ)()をつけること”“無駄(むだ)四球(しきゅう)出さ(ださ)ないこと”という二つ(ふたつ)心得(こころえ)(むね)に、杉内(すぎうち)(かい)(とう)展開(てんかい)していく。2(かい)(うら)1()まで4(しゃ)連続(れんぞく)三振(さんしん)。3(かい)は2三振(さんしん)、そして4(かい)(うら)から5(かい)1()まで、またも4(しゃ)連続(れんぞく)三振(さんしん)好調(こうちょう)(とき)はカーブで三振(さんしん)取れる(とれる)のが、この(とき)杉内(すぎうち)特徴(とくちょう)だった。しかも八戸(はちのへ)工大(こうだい)(いち)打線(だせん)はこのカーブにまったくタイミングが合っ(あっ)ていない。だから、ボール(だま)もドンドン振っ(ふっ)てくる。前半(ぜんはん)5(かい)終了(しゅうりょう)して築い(きずい)三振(さんしん)(やま)()ケタの11。1(きゅう)外野(がいや)には飛ん(とん)でいなかった。まさに完全(かんぜん)試合(しあい)ペースの投球(とうきゅう)内容(ないよう)である。

 この(すぎ)(ない)好投(こうとう)打線(だせん)応える(こたえる)。3(かい)(ひょう)先頭(せんとう)の7(ばん)中尾(なかお)(とも)(はく)と9(ばん)杉内(すぎうち)がともに左前打(さぜんだ)し、1()(いち)三塁(さんるい)のチャンスを作る(つくる)と、1(ばん)仮屋(かりや)(えん)(まき)哉が(ひだり)(ぜん)適時(てきじ)()放ち(はなち)、1(てん)先制(せんせい)続く(つずく)4(かい)(ひょう)には2()から6(ばん)打つ(うつ)杉内(すぎうち)女房(にょうぼう)(やく)森山(もりやま)(やすし)がレフトへソロ本塁打(ほんるいだ)。5(かい)(ひょう)にも1()から杉内(すぎうち)みずからの二塁打(にるいだ)をきっかけに四球(しきゅう)、エラー、野選(やせん)などが絡ん(からん)で2得点(とくてん)杉内(すぎうち)調子(ちょうし)から考え(かんがえ)て、この4(てん)があれば十分(じゅうぶん)だった。

 6(かい)2()まで完全(かんぜん)投球(とうきゅう)続ける(つずける)杉内(すぎうち)(つぎ)の18(にん)()打者(だしゃ)として打席(だせき)立っ(たっ)たのが、5(かい)から()番手(ばんて)としてマウンドに上がっ(あがっ)ていた松原(まつばら)(よしみ)(てん)だった。カウントは3ボール2ストライク。フルカウントの状況(じょうきょう)から真っすぐ(まっすぐ)思い切り(おもいきり)三振(さんしん)狙い(ねらい)にいった。だが、それが高め(たかめ)抜け(ぬけ)てしまった。四球(しきゅう)である。完全(かんぜん)試合(しあい)”がなくなり、大きく(おおきく)ざわめく甲子園(こうしえん)球場(きゅうじょう)のスタンド。杉内(すぎうち)は、のちにこの試合(しあい)振り返っ(ふりかえっ)て「6(かい)くらいから、相当(そうとう)(りょく)入っ(はいっ)ていた」と語っ(かたっ)ているだけに、四球(しきゅう)与え(あたえ)(ぎゃく)良かっ(よかっ)たのかもしれない。よけいな(ちから)抜け(ぬけ)たと思わ(おもわ)れるからだ。後ろ(うしろ)守る(まもる)ナインの緊張(きんちょう)相当(そうとう)だったに違い(ちがい)ない。試合(しあい)は4‐0。杉内(すぎうち)はノーノーを継続(けいぞく)したまま、9(かい)(うら)迎える(むかえる)のだった。

 その9(かい)先頭(せんとう)から2(しゃ)連続(れんぞく)三振(さんしん)。もちろん最後(さいご)三振(さんしん)締める(しめる)つもりであった。だが、相手(あいて)の1(ばん)福士(ふくし)(たかし)(ふとし)投じ(とうじ)真っすぐ(まっすぐ)狙っ(ねらっ)たところより、少し(すこし)(うち)寄り(より)軌道(きどう)描い(えがい)ていった。そのため、福士(ふくし)打っ(うっ)打球(だきゅう)はいい当たり(あたり)のライナーというより、やや詰まっ(つまっ)当たり(あたり)のライナー(せい)打球(だきゅう)となって、ショートへ飛ん(とん)でいった。その打球(だきゅう)をショートの小倉(おぐら)飛鳥(あすか)ががっちりとキャッチ。ここにみごと、杉内(すぎうち)はノーヒットノーランを達成(たっせい)したのである。投げ(なげ)(たま)(すう)(けい)104(きゅう)奪っ(うばっ)三振(さんしん)16()(なつ)甲子園(こうしえん)では史上(しじょう)21(にん)()快挙(かいきょ)であった。

 その後、ノーヒッター・杉内(すぎうち)(よう)する鹿実(かじつ)は2回戦(かいせん)で“平成(へいせい)怪物(かいぶつ)松坂(まつさか)大輔(だいすけ)中日(ちゅうにち)擁する(ようする)横浜(よこはま)神奈川(かながわ))と対戦(たいせん)(はる)(なつ)連覇(れんぱ)狙う(ねらう)強豪(きょうごう)相手(あいて)(こう)勝負(しょうぶ)予想(よそう)された。

 期待(きたい)通り(どおり)中盤(ちゅうばん)までは息詰まる(いきずまる)投手(とうしゅ)(せん)となったが、最後(さいご)地力(じりき)勝る(まさる)横浜(よこはま)(まえ)に0‐6で散っ(ちっ)てしまう。しかも最後(さいご)松坂(まつさか)にトドメの2ランを浴び(あび)ての撃沈(げきちん)であった。その6(にち)()決勝(けっしょう)(せん)へと進出(しんしゅつ)した横浜(よこはま)は、松坂(まつさか)(なつ)甲子園(こうしえん)史上(しじょう)2(にん)()となる決勝(けっしょう)(せん)でのノーヒットノーランという快挙(かいきょ)達成(たっせい)史上(しじょう)5(こう)()となる(はる)(なつ)連覇(れんぱ)偉業(いぎょう)(はな)添え(そえ)たのである。

高校(こうこう)野球(やきゅう)評論(ひょうろん)()上杉(うえすぎ)(じゅん)也)=敬称(けいしょう)(りゃく)

Loading