トップ30入り(いり)への(みち) 松山(まつやま)英樹(ひでき)最終(さいしゅう)(せん)出場(しゅつじょう)に「しびれるところ」

松山(まつやま)英樹(ひでき) 最終(さいしゅう)(せん)まで走り抜け(はしりぬけ)!|撮影(さつえい)岩本(いわもと)芳弘(よしひろ)

<ザ・ノーザントラスト 最終(さいしゅう)()◇11(にち)◇リバティーナショナルGC(ニュージャージー(しゅう))◇7370ヤード・パー71>

残す(のこす)ところ2試合(しあい)米国(べいこく)男子(だんし)ツアーはフェデックスカップのプレーオフシリーズに突入(とつにゅう)現地(げんち)時間(じかん)11(にち)閉幕(へいまく)した「ザ・ノーザントラスト」が終了(しゅうりょう)時点(じてん)(どう)カップランキング70()までが、(つぎ)(せん)への進出(しんしゅつ)決め(きめ)た。

松山(まつやま)英樹(ひでき)のドライバースイング【連続(れんぞく)写真(しゃしん)
注目(ちゅうもく)松山(まつやま)英樹(ひでき)は、(こん)大会(たいかい)を30()タイで終え(おえ)(どう)カップランキング33()。6()連続(れんぞく)最終(さいしゅう)(せん)出場(しゅつじょう)向け(むけ)て、正念場(しょうねんば)迎える(むかえる)

ノーザントラスト最終(さいしゅう)()はボギーが先行(せんこう)。すぐさまイーグルを奪っ(うばっ)たが、「うまく(なみ)乗っ(のっ)行ける(いける)かと思っ(おもっ)たんですけど、(つぎ)のスコアがボギーになってしまって、そこでバーディを取る(とる)ことができれば、流れ(ながれ)変わっ(かわっ)たと思っ(おもっ)たんですけど」と、好転(こうてん)のキッカケをつかめず。終盤(しゅうばん)にはダブルボギーも叩き(はたき)消化(しょうか)不良(ふりょう)終え(おえ)た。

目下(めした)悩み(なやみ)技術(ぎじゅつ)(てき)部分(ぶぶん)もそうだが、「悪い(わるい)というか、良く(よく)はなってきているけど自信(じしん)がない」。ケガもはさみ2年間(ねんかん)優勝(ゆうしょう)から遠ざかっ(とおざかっ)ている松山(まつやま)圧倒的(あっとうてき)(つよ)さを見せ(みせ)ていた時期(じき)のようなゴルフに戻す(もどす)ことができず、結果(けっか)求める(もとめる)段階(だんかい)にも至っ(いたっ)ていないのは、メンタル(てき)なものだという。

自信(じしん)持て(もて)ていないぶん、ビビってしまって、ミスも出る(でる)。それをすごく感じる(かんじる)ことができた。それをなくすことが上位(じょうい)行ける(いける)カギだと思い(おもい)ますし、そうすることができればいいかなという感じ(かんじ)です」とするが、泣い(ない)ても笑っ(わらっ)ても残り(のこり)2(せん)次週(じしゅう)結果(けっか)次第(しだい)ではあと1(せん)でシーズン終戦(しゅうせん)ということもあり得る(える)状況(じょうきょう)だ。

優勝(ゆうしょう)目指し(めざし)てやっていれば関係(かんけい)ないと思う(おもう)んですけど、そういう状態(じょうたい)じゃないんで。まあそれでもね、そういうしびれるところでやれるのはうれしいというか…、やりたくはないですけど…」。(つぎ)(せん)までの3日間(にちかん)少し(すこし)でも(ひかり)見いだし(みいだし)有終の美(ゆうしゅうのび)飾り(かざり)たい。

<ゴルフ情報(じょうほう)ALBA.Net>

Loading