(けい)ワゴンは()高い(たかい)(ほう)良い(よい)? ダイハツ「タント」の(かげ)隠れる(かくれる)ノッポ「ウェイク」が売れ(うれ)ない理由(りゆう)とは

近年(きんねん)人気(にんき)軽自動車(けいじどうしゃ)は、()高い(たかい)「スーパーハイトワゴン」の車種(しゃしゅ)上位(じょうい)占め(しめ)ていますが、()高けれ(たかけれ)高い(たかい)ほど軽自動車(けいじどうしゃ)売れる(うれる)、といってよいのでしょうか。

普通(ふつう)(しゃ)からの乗り換え(のりかえ)需要(じゅよう)にも対応(たいおう)する近年(きんねん)軽自動車(けいじどうしゃ)

 近年(きんねん)人気(にんき)軽自動車(けいじどうしゃ)のタイプとして「スーパーハイトワゴン」と呼ば(よば)れるジャンルがあり、実際(じっさい)軽自動車(けいじどうしゃ)販売(はんばい)台数(だいすう)ランキングの上位(じょうい)はこのジャンルのクルマが占め(しめ)ています。

 軽自動車(けいじどうしゃ)らしからぬ(ぜん)(こう)(たか)さが特徴(とくちょう)のスーパーハイトワゴンですが、現在(げんざい)軽自動車(けいじどうしゃ)市場(しじょう)売れ筋(うれすじ)モデルとなるためには(くるま)(だか)高く(たかく)ないといけないのでしょうか。

(ぜん)(こう)が1800mmを超える(こえる)ダイハツ「ウェイク」

 一般(いっぱん)社団(しゃだん)法人(ほうじん)全国(ぜんこく)軽自動車(けいじどうしゃ)協会(きょうかい)連合(れんごう)(かい)」が発表(はっぴょう)したデータによると、2019(ねん)上半期(かみはんき)(2019(ねん)1(つき)から6(つき)まで)の(けい)4(りん)(しゃ)販売(はんばい)台数(だいすう)ランキングにおいて、1()獲得(かくとく)した車種(しゃしゅ)はホンダ「N-BOX」(13(まん)1233(だい))です。

 N-BOXは軽自動車(けいじどうしゃ)市場(しじょう)におけるランキングだけではなく、登録(とうろく)(しゃ)普通(ふつう)(しゃ))も含め(ふくめ)日本(にっぽん)新車(しんしゃ)市場(しじょう)全体(ぜんたい)の2019(ねん)上半期(かみはんき)販売(はんばい)ランキングにおいて1()獲得(かくとく)しました。

 2()にはスズキ「スペーシア」(8(まん)8750(だい))、3()にはダイハツ「タント」(8(まん)1828(だい))がランクインしています。

 トップ3にランクインした車種(しゃしゅ)は、軽自動車(けいじどうしゃ)のジャンルにおいて「スーパーハイトワゴン」と呼ば(よば)れるジャンルに属し(ぞくし)ます。

 スーパーハイトワゴンは、全高(ぜんこう)1700mmを超え(こえ)両側(りょうがわ)スライドドアを備え(そなえ)ていることが特徴(とくちょう)軽自動車(けいじどうしゃ)です。

 このジャンルの軽自動車(けいじどうしゃ)は、外観(がいかん)四角い(しかくい)ボディを持ち(もち)、そのうえ成人(せいじん)男性(だんせい)平均(へいきん)身長(しんちょう)である170cmに負け(まけ)ずとも劣ら(おとら)ない(ぜん)(こう)となっていることから、一見(いっけん)すると軽自動車(けいじどうしゃ)とは思え(おもえ)ないスタイルとなっています。

 なぜ、スーパーハイトワゴンの人気(にんき)高い(たかい)のでしょうか。スペーシアを取り扱う(とりあつかう)スズキの販売(はんばい)(てん)スタッフは(つぎ)のように話し(はなし)ます。

「スペーシアは、室内(しつない)空間(くうかん)(ひろ)さや乗降(じょうこう)(せい)()さなどで人気(にんき)集め(あつめ)ています。また、購入(こうにゅう)するユーザーはファミリー(そう)多い(おおい)です」

 高い(たかい)(くるま)(だか)による室内(しつない)(ひろ)さや、両側(りょうがわ)スライドドアによる乗り降り(のりおり)のしやすさが人気(にんき)要因(よういん)となっているといえるでしょう。また、N-BOXを取り扱う(とりあつかう)ホンダの販売(はんばい)(てん)スタッフは(つぎ)のようにいいます。

軽自動車(けいじどうしゃ)のN-BOXは、日本(にっぽん)で1(ばん)売れ(うれ)ています。しかし、人気(にんき)がありすぎてN-BOX以外(いがい)のモデルを売り(うり)づらくなってしまう、という現象(げんしょう)起き(おき)ています。

 たとえば、ホンダのコンパクトカー『フィット』を()来ら(きたら)れたお客様が、N-BOXと比較(ひかく)して、結果(けっか)N-BOXを購入(こうにゅう)されるといったことや、いままでミニバンの『オデッセイ』に乗っ(のっ)ていたご家族(かぞく)が、乗り換え(のりかえ)(さい)にN-BOXを選ぶ(えらぶ)などです。

 ただし、他社(たしゃ)普通(ふつう)(しゃ)からN-BOXに乗り換える(のりかえる)という事例(じれい)存在(そんざい)します」

 スーパーハイトワゴンが高い(たかい)(くるま)(だか)持ち(もち)利便(りべん)(せい)高まっ(たかまっ)ていることで、ほかの軽自動車(けいじどうしゃ)のみならず普通(ふつう)(しゃ)ユーザーの乗り換え(のりかえ)受け皿(うけざら)にもなっていることが、人気(にんき)要因(よういん)のようです。

()高い(たかい)のに売れ(うれ)ない!? ダイハツ「ウェイク」売れ行き(うれゆき)(なぞ)

 では、軽自動車(けいじどうしゃ)は「()高けれ(たかけれ)高い(たかい)ほど売れる(うれる)」といって良い(よい)のでしょうか。

ダイハツ「ウェイク」

 ダイハツ「ウェイク」は、(けい)乗用車(じょうようしゃ)のなかでもっとも()高い(たかい)軽自動車(けいじどうしゃ)です。(ぜん)(こう)は1835mmと、同社(どうしゃ)売れ筋(うれすじ)スーパーハイトワゴンであるタントの1755mm(2WD仕様(しよう))と比べ(くらべ)てさらに80mmも高く(たかく)(あたま)一つ(ひとつ)抜け(ぬけ)存在(そんざい)といえます。

 ウェイクにも両側(りょうがわ)スライドドアが装備(そうび)されていることから、スペックだけ見る(みる)売れ筋(うれすじ)モデルとなりそうなクルマではありますが、残念(ざんねん)ながら2019(ねん)上半期(かみはんき)軽自動車(けいじどうしゃ)販売(はんばい)ランキングでは15()(1(まん)2726(だい))にとどまっています。

 なぜ、ウェイクは同社(どうしゃ)のタントをはじめとした売れ筋(うれすじ)スーパーハイトワゴンほどの人気(にんき)獲得(かくとく)できていないのでしょうか。

 考え(かんがえ)られる理由(りゆう)としては、車両(しゃりょう)価格(かかく)違い(ちがい)挙げ(あげ)られます。

 タントのエントリーモデルである「L(スマートアシスト()装着(そうちゃく)(しゃ))」グレードの価格(かかく)税込(ぜいこみ)122(まん)400(えん)消費(しょうひ)税込(ぜいこみ)以下(いか)同様(どうよう))に設定(せってい)されています。一方(いっぽう)、ウェイクのエントリーモデルである「D」グレードは135(まん)(えん)となっており、割高(わりだか)(かん)否め(いなめ)ません。

 また、タントには独自(どくじ)魅力(みりょく)として、助手(じょしゅ)(せき)(がわ)設け(もうけ)られた(だい)開口(かいこう)ドア「ミラクルオープンドア」があります。

 2007(ねん)登場(とうじょう)した2代目(だいめ)モデルから採用(さいよう)されているこのドアは、助手(じょしゅ)(せき)(がわ)ドアとスライドドアの()(はしら)がドアに内蔵(ないぞう)されることで、スーパーハイトワゴンの特徴(とくちょう)である乗降(じょうこう)(せい)をさらに向上(こうじょう)させる装備(そうび)です。

 ウェイクの人気(にんき)伸び悩む(のびなやむ)理由(りゆう)としては、ダイハツの販売(はんばい)(てん)訪れ(おとずれ)たユーザーが、展示(てんじ)車両(しゃりょう)価格(かかく)(ひょう)見比べ(みくらべ)比較(ひかく)検討(けんとう)した結果(けっか)割安(わりやす)でかつ使い勝手(つかいがって)()さが分かり(わかり)やすく伝わる(つたわる)タントを選ぶ(えらぶ)ことが一因(いちいん)だと考え(かんがえ)られます。

※ ※ ※

 ウェイクにも、室内(しつない)(だか)1455mm(タントは1370mm)といったスペックをはじめ、ほかのクルマにはない魅力(みりょく)があります。

 しかし、ユーザーにメリットが伝わり(つたわり)やすい使い勝手(つかいがって)()さといった部分(ぶぶん)では、タントの(ほう)優勢(ゆうせい)だといえるでしょう。

 ()高い(たかい)車種(しゃしゅ)人気(にんき)となっている軽自動車(けいじどうしゃ)市場(しじょう)ですが、「高けれ(たかけれ)高い(たかい)ほど売れる(うれる)」というわけではないのです。

Loading