雄と雌の体を持つ珍しいクワガタを高知県の博物館で見せる

(ゆう)(めす)(からだ)持つ(もつ)珍しい(めずらしい)クワガタを高知(こうち)(けん)博物館(はくぶつかん)見せる(みせる)

高知(こうち)(けん)(よん)(まん)(じゅう)()にある「(がく)(かん)」という博物館(はくぶつかん)で、(からだ)半分(はんぶん)(ゆう)半分(はんぶん)(めす)珍しい(めずらしい)クワガタをみんなに見せ(みせ)ています。このクワガタは、マレーシアなどにいる(からだ)(なが)さが4cmぐらいの「モセリオウゴンオニクワガタ」です。大阪(おおさか)男性(だんせい)(たまご)から育て(そだて)ました。 クワガタは普通(ふつう)(ゆう)はあごが長く(ながく)少し(すこし)光っ(ひかっ)ていて、(めす)はあごが短く(みじかく)少し(すこし)黒く(くろく)見え(みえ)ます。博物館(はくぶつかん)見せ(みせ)ているクワガタは、左側(ひだりがわ)(ゆう)右側(みぎがわ)(めす)です。博物館(はくぶつかん)によると、(ゆう)(めす)(からだ)持つ(もつ)「モセリオウゴンオニクワガタ」が生まれる(うまれる)割合(わりあい)は4(まん)(ひき)のうち1(ひき)です。 ()()女の子(おんなのこ)は「どうやってこの(からだ)になったか知り(しり)たいです」と話し(はなし)ていました。 博物館(はくぶつかん)管理(かんり)している(ひと)は「この珍しい(めずらしい)クワガタを()て、自然(しぜん)世界(せかい)不思議(ふしぎ)感じ(かんじ)てほしいです」と話し(はなし)ていました。

Loading