暴力(ぼうりょく)(てき)映像(えいぞう)をSNSに出さ(ださ)ない」8つの(くに)などが国際(こくさい)会議(かいぎ)

ニュージーランドで今年(ことし)3月、(おとこ)(じゅう)撃つ(うつ) 事件(じけん)があって、51(にん)亡くなり(なくなり)ました。(おとこ)事件(じけん)起こし(おこし)ているときに、(じゅう)撃っ(うっ)ている映像(えいぞう)をインターネットのSNSに出し(だし)ました。 15(にち)、このような暴力(ぼうりょく)(てき)映像(えいぞう)対策(たいさく)話し合う(はなしあう)国際(こくさい)会議(かいぎ)がフランスでありました。フランスやニュージーランドなど8つの(くに)大統領(だいとうりょう)首相(しゅしょう)と、フェイスブックやツイッターなどSNSの会社(かいしゃ)幹部(かんぶ)出席(しゅっせき)しました。 会議(かいぎ)でまとめた考え方(かんがえかた)によると、SNSの会社(かいしゃ)は、暴力(ぼうりょく)(てき)映像(えいぞう)やテロの映像(えいぞう)をそのままSNSに出し(だし)たり広め(ひろめ)たりできないようにします。8つの(くに)政府(せいふ)は、法律(ほうりつ)をしっかり使っ(つかっ)て、暴力(ぼうりょく)(てき)映像(えいぞう)作っ(つくっ)たり広め(ひろめ)たりできないようにします。 フランスのマクロン大統領(だいとうりょう)は、9月にある国連(こくれん)会議(かいぎ)ではもっと多く(おおく)(くに)などに出席(しゅっせき)してほしいと言い(いい)ました。

Loading