横浜(よこはま)()中学校(ちゅうがっこう)の90% (ひる)ごはんの時間(じかん)が「15(ふん)

横浜(よこはま)()住ん(すん)でいる中学生(ちゅうがくせい)(おや)などから、「学校(がっこう)(ひる)ごはんの時間(じかん)短い(みじかい)」という意見(いけん)増え(ふえ)ています。 横浜(よこはま)()教育(きょういく)委員(いいん)(かい)調べる(しらべる)と、横浜(よこはま)()の148の中学校(ちゅうがっこう)のうち135の学校(がっこう)で、(ひる)ごはんを食べる(たべる)時間(じかん)は「15(ふん)」でした。そのほかの学校(がっこう)は「20(ふん)」でした。 教育(きょういく)委員(いいん)(かい)によると、ずっと(まえ)から「15(ふん)」が続い(つずい)ているようです。長く(ながく)するのは難しい(むずかしい)考え(かんがえ)ている中学校(ちゅうがっこう)もあります。 教育(きょういく)委員(いいん)(かい)(ひる)ごはんの時間(じかん)をもっと長く(ながく)するように言っ(いっ)ているため、今年(ことし)の4月から5(ふん)長く(ながく)した学校(がっこう)もあります。しかし、80%ぐらいの学校(がっこう)は「15(ふん)」のままです。 教育(きょういく)委員(いいん)(かい)は「中学生(ちゅうがくせい)(からだ)大きく(おおきく)なる(とき)なので、(ひる)ごはんの時間(じかん)十分(じゅうぶん)用意(ようい)するように言っ(いっ)ていきます」と話し(はなし)ています。

Loading