「RSウイルス感染症」という病気になる子どもが増えている

「RSウイルス感染(かんせん)(しょう)」という病気(びょうき)になる子ども(こども)増え(ふえ)ている

「RSウイルス感染(かんせん)(しょう)」は風邪(かぜ)()ている病気(びょうき)で、ウイルスでうつります。大人(おとな)がこの病気(びょうき)になっても、あまりひどくなりませんが、赤ちゃん(あかちゃん)小さい(ちいさい)子ども(こども)肺炎(はいえん)などになることがあります。 この病気(びょうき)になる(ひと)は、(まえ)(あき)から(ふゆ)増え(ふえ)ていましたが、最近(さいきん)(なつ)から増え(ふえ)ています。今年(ことし)も8月25(にち)までの1週間(しゅうかん)に、(やく)3000の病院(びょういん)で4290(にん)子ども(こども)がこの病気(びょうき)になったことがわかりました。 医者(いしゃ)は、くしゃみやせきや鼻水(はなみず)()ているときは、赤ちゃん(あかちゃん)などにうつらないようにマスクをして、よく()洗っ(あらっ)てほしいと言っ(いっ)ています。きょうだいが一緒(いっしょ)使っ(つかっ)ているおもちゃなどをきれいにすることも大切(たいせつ)だと言っ(いっ)ています。

Loading