サッカー 女子のプロリーグを作るために準備を始める

サッカー 女子(じょし)のプロリーグを作る(つくる)ために準備(じゅんび)始める(はじめる)

サッカー 女子(じょし)の2011(ねん)のワールドカップで、日本(にっぽん)のチーム「なでしこジャパン」が優勝(ゆうしょう)しました。しかし、今年(ことし)のワールドカップでは、決勝(けっしょう)トーナメントの最初(さいしょ)試合(しあい)負け(まけ)ました。しっかりしたプロリーグがあるヨーロッパのチームが今年(ことし)特に(とくに)強く(つよく)なっていました。 このため日本(にっぽん)サッカー協会(きょうかい)は11(にち)女子(じょし)のプロリーグを作る(つくる)ために、専門(せんもん)()などと一緒(いっしょ)準備(じゅんび)をすることを決め(きめ)ました。来年(らいねん)東京(とうきょう)オリンピックのあとに、プロリーグを作り(つくり)たいと考え(かんがえ)ています。 しかし、お客さんやお金を十分(じゅうぶん)集める(あつめる)ことができるかどうか心配(しんぱい)があります。日本(にっぽん)サッカー協会(きょうかい)は、女子(じょし)のプロリーグを本当に(ほんとうに)作る(つくる)ことができるか基本(きほん)から話し合う(はなしあう)ことにしています。 日本(にっぽん)サッカー協会(きょうかい)(ひと)は「なでしこジャパンをもう一度世界(せかい)で1(ばん)にするために、選手(せんしゅ)(ちから)をもっと上げ(あげ)ていきたいです」と話し(はなし)ていました。

Loading