休んでいる時間に仕事のメールが来て眠ることができない

休ん(やすん)でいる時間(じかん)仕事(しごと)のメールが()眠る(ねむる)ことができない

労働(ろうどう)安全(あんぜん)衛生(えいせい)総合(そうごう)研究所(けんきゅうじょ)久保(くぼ)智英(ともひで)さんたちは、(よる)遅い(おそい)時間(じかん)休み(やすみ)()など、休ん(やすん)でいるときに来る(くる)仕事(しごと)のメールと眠る(ねむる)ことの関係(かんけい)調査(ちょうさ)しました。ITの会社(かいしゃ)働い(はたらい)ている55(にん)について、眠る(ねむる)様子(ようす)などを1か月調べ(しらべ)ました。 調査(ちょうさ)によると、休ん(やすん)でいる時間(じかん)仕事(しごと)のメールがたくさん()()は、(よる)遅く(おそく)起き(おき)てしまって、そのあと平均(へいきん)で20(ふん)ぐらい眠る(ねむる)ことができませんでした。メールが少ない(すくない)()より2(ばい)長い(ながい)時間(じかん)です。 働い(はたらい)ている(ひと)団体(だんたい)によると、(よる)遅い(おそい)時間(じかん)休み(やすみ)()にメールがたくさん()て、病気(びょうき)になって会社(かいしゃ)をやめた(ひと)もいます。 久保(くぼ)さんは「仕事(しごと)のメールがたくさん来る(くる)(ひと)は、仕事(しごと)心配(しんぱい)してよく眠る(ねむる)ことができません。会社(かいしゃ)働く(はたらく)(ひと)健康(けんこう)考える(かんがえる)ことが必要(ひつよう)です」と話し(はなし)ています。

Loading