(まん)(ねん)(まえ)のライオンがロシアの凍っ(こおっ)()から見つかる(みつかる)

ロシアと日本(にっぽん)大学(だいがく)などのチームは去年(きょねん)7月、シベリアの凍っ(こおっ)()(なか)から「ホラアナライオン」の赤ちゃん(あかちゃん)見つけ(みつけ)ました。ホラアナライオンは、1(まん)(ねん)ぐらい(まえ)にいなくなったと言わ(いわ)れる動物(どうぶつ)です。 見つかっ(みつかっ)たホラアナライオンは、(からだ)(なが)さが40cm、(おも)さが800gぐらいです。生まれ(うまれ)たばかりの(めす)赤ちゃん(あかちゃん)で、3(まん)(ねん)ぐらい(まえ)生き(いき)ていたと考え(かんがえ)られています。このホラアナライオンは、(まえ)見つけ(みつけ)た3つよりきれいで、()(かわ)(のう)心臓(しんぞう)なども残っ(のこっ)ていました。 近く(ちかく)場所(ばしょ)では、3(まん)(ねん)ぐらい(まえ)のオオカミの(あたま)見つかり(みつかり)ました。このオオカミも、(ほね)筋肉(きんにく)だけではなくて()(した)などもきれいに残っ(のこっ)ていました。 チームの(ひと)は、(むかし)動物(どうぶつ)について詳しい(くわしい)ことがわかるかもしれないと考え(かんがえ)ています。

Loading