成田空港(なりたくうこう) 飛行機(ひこうき)をとめる場所(ばしょ)働く(はたらく)(くるま)事故(じこ)増える(ふえる)

成田空港(なりたくうこう)では、飛行機(ひこうき)をとめる場所(ばしょ)働く(はたらく)(ひと)運転(うんてん)する(くるま)事故(じこ)増え(ふえ)ています。成田空港(なりたくうこう)会社(かいしゃ)によると、1(ねん)に119(けん)事故(じこ)があって、(まえ)(とし)の1.5(ばい)ぐらいに増え(ふえ)ました。 多い(おおい)のは(くるま)(くるま)がぶつかる事故(じこ)でした。会社(かいしゃ)調べる(しらべる)と、事故(じこ)起こし(おこし)(ひと)半分(はんぶん)以上(いじょう)は、空港(くうこう)(くるま)運転(うんてん)する仕事(しごと)始め(はじめ)てから3(ねん)になっていませんでした。 空港(くうこう)会社(かいしゃ)は、働く(はたらく)(ひと)足り(たり)ないため、新しく(あたらしく)働く(はたらく)(ひと)十分(じゅうぶん)教育(きょういく)受け(うけ)ていないことがあると考え(かんがえ)ています。 成田空港(なりたくうこう)会社(かいしゃ)は「日本(にっぽん)観光(かんこう)来る(くる)外国(がいこく)(じん)増え(ふえ)て、空港(くうこう)利用(りよう)する飛行機(ひこうき)はもっと増える(ふえる)思い(おもい)ます。事故(じこ)起こら(おこら)ないようにしっかり教育(きょういく)します」と話し(はなし)ています。

Loading