赤ちゃん30人以上がベッドで亡くなる事故

赤ちゃん(あかちゃん)30(にん)以上(いじょう)がベッドで亡くなる(なくなる)事故(じこ)

アメリカのフィッシャープライスという会社(かいしゃ)は、赤ちゃん(あかちゃん)のベッドなどを売っ(うっ)ています。この会社(かいしゃ)の「ロックン・プレイ・スリーパー」というベッドで()ていた赤ちゃん(あかちゃん)が30(にん)以上(いじょう)亡くなっ(なくなっ)ていたことがわかりました。 会社(かいしゃ)は、このベッドを使う(つかう)ときは赤ちゃん(あかちゃん)にベルトをするように言っ(いっ)ていました。しかし、亡くなっ(なくなっ)赤ちゃん(あかちゃん)はベルトをしていなかったため、(からだ)向き(むき)変わっ(かわっ)呼吸(こきゅう)ができなくなりました。 このベッドは日本(にっぽん)でもインターネットなどで売っ(うっ)ていたため、日本(にっぽん)消費(しょうひ)(しゃ)(ちょう)は「使う(つかう)のをやめてください」と言っ(いっ)ています。そして、「ほかの会社(かいしゃ)のベッドでも、安全(あんぜん)のためのベルトがあったら、必ず(かならず)ベルトをしてください」と言っ(いっ)ています。

Loading