日本の学校の先生は世界でいちばん忙しい

日本(にっぽん)学校(がっこう)先生(せんせい)世界(せかい)でいちばん忙しい(いそがしい)

OECDは5(ねん)に1()世界(せかい)学校(がっこう)先生(せんせい)仕事(しごと)について調べ(しらべ)ています。去年(きょねん)日本(にっぽん)小学校(しょうがっこう)中学校(ちゅうがっこう)先生(せんせい)7000(にん)など、48の(くに)地域(ちいき)調べ(しらべ)ました。 中学校(ちゅうがっこう)先生(せんせい)が1週間(しゅうかん)働く(はたらく)時間(じかん)は、世界(せかい)平均(へいきん)で38.3時間(じかん)でした。働く(はたらく)時間(じかん)がいちばん長い(ながい)のは日本(にっぽん)先生(せんせい)で56時間(じかん)でした。(つぎ)はカザフスタンが48.8時間(じかん)、カナダが47時間(じかん)、イギリスが46.9時間(じかん)、アメリカが46.2時間(じかん)でした。 どんな仕事(しごと)をしているか調べる(しらべる)と、日本(にっぽん)先生(せんせい)授業(じゅぎょう)時間(じかん)が18時間(じかん)で、ほかの(くに)などと変わり(かわり)ませんでした。しかし、授業(じゅぎょう)ではない()活動(かつどう)などの仕事(しごと)は7.5時間(じかん)で、平均(へいきん)の4(ばい)でした。書類(しょるい)作る(つくる)仕事(しごと)なども平均(へいきん)の2(ばい)でした。日本(にっぽん)先生(せんせい)忙しい(いそがしい)理由(りゆう)は、授業(じゅぎょう)以外(いがい)仕事(しごと)時間(じかん)長い(ながい)ためです。 教育(きょういく)専門(せんもん)()は「日本(にっぽん)は、ほかの(くに)のやり方も聞き(きき)ながら、先生(せんせい)働き(はたらき)(かた)変え(かえ)ていく必要(ひつよう)があると思い(おもい)ます」と話し(はなし)ています。

Loading