災害があったことを伝える新しい記号を地図に出す

災害(さいがい)があったことを伝える(つたえる)新しい(あたらしい)記号(きごう)地図(ちず)出す(だす)

日本(にっぽん)のいろいろなところには、(むかし)地震(じしん)火山(かざん)噴火(ふんか)などの災害(さいがい)起こっ(おこっ)たことを伝える(つたえる)石碑(せきひ)があります。 国土(こくど)地理(ちり)(いん)は、(むかし)災害(さいがい)知っ(しっ)てもらうため、石碑(せきひ)がある場所(ばしょ)知らせる(しらせる)地図(ちず)記号(きごう)をつくりました。そして19(にち)から、ウェブサイトの地図(ちず)にこの記号(きごう)出し(だし)ています。 地図(ちず)(うえ)記号(きごう)をクリックすると、(むかし)、どんな災害(さいがい)起こっ(おこっ)たかわかります。石碑(せきひ)写真(しゃしん)見る(みる)こともできます。(いま)国土(こくど)地理(ちり)(いん)集め(あつめ)た158の石碑(せきひ)情報(じょうほう)()ています。 国土(こくど)地理(ちり)(いん)は「日本(にっぽん)では同じ(おなじ)災害(さいがい)がまた起こる(おこる)ことが多い(おおい)ので、災害(さいがい)少なく(すくなく)したり、避難(ひなん)したりする(やく)立て(たて)てほしいです」と話し(はなし)ています。

Loading