世界でいちばん強い囲碁のAIをつくるチームができる

世界(せかい)でいちばん強い(つよい)囲碁(いご)のAIをつくるチームができる

コンピューターのAIは、囲碁(いご)のプロより強く(つよく)なっています。日本(にっぽん)は、囲碁(いご)のAIの研究(けんきゅう)中国(ちゅうごく)などより遅れ(おくれ)ています。 このため、研究(けんきゅう)チームをつくって、「GLOBISーAQZ」という新しい(あたらしい)AIを研究(けんきゅう)することになりました。チームは、囲碁(いご)のAIの世界(せかい)大会(たいかい)去年(きょねん)(ばん)になった「AQ」を基礎(きそ)にして、新しい(あたらしい)AIをつくります。そして、世界(せかい)でいちばん強い(つよい)AIにしたいと考え(かんがえ)ています。 このチームは「AQ」をつくった(ひと)と、「グロービス」と「トリプルアイズ」という会社(かいしゃ)がつくりました。産業(さんぎょう)技術(ぎじゅつ)総合(そうごう)研究所(けんきゅうじょ)という(くに)研究所(けんきゅうじょ)のとても計算(けいさん)速い(はやい)クラウドのシステムを使い(つかい)ます。囲碁(いご)のプロも、意見(いけん)言っ(いっ)協力(きょうりょく)します。 チームは、8月に中国(ちゅうごく)である世界(せかい)大会(たいかい)で、新しい(あたらしい)AIが優勝(ゆうしょう)できるようにしたいと考え(かんがえ)ています。

Loading