テロがないように飛行機に乗る前のチェックを厳しくする

テロがないように飛行機(ひこうき)乗る(のる)(まえ)のチェックを厳しく(きびしく)する

今月(こんげつ)20(にち)日本(にっぽん)でラグビーのワールドカップが始まり(はじまり)ます。来年(らいねん)東京(とうきょう)オリンピックとパラリンピックがあります。このような大きな(おおきな)大会(たいかい)でテロが起こら(おこら)ないように、国土(こくど)交通省(こうつうしょう)は、空港(くうこう)飛行機(ひこうき)乗る(のる)(まえ)行う(おこなう)チェックを厳しく(きびしく)します。 コートなどの上着(うわぎ)や、(あし)のくるぶしより(うえ)まであるブーツなどの(くつ)脱い(ぬい)でもらって、危険(きけん)(もの)がないかX(せん)調べ(しらべ)ます。このようなチェックは(いま)まで、日本(にっぽん)から外国(がいこく)行く(いく)飛行機(ひこうき)乗る(のる)(ひと)行っ(いっ)ていました。今月(こんげつ)13(にち)からは、日本(にっぽん)(なか)飛ぶ(とぶ)飛行機(ひこうき)乗る(のる)(ひと)にも行い(おこない)ます。このほかに、特別(とくべつ)(かみ)使っ(つかっ)て、(からだ)爆弾(ばくだん)原料(げんりょう)などが付い(つい)ていないか調べる(しらべる)場合(ばあい)もあります。 国土(こくど)交通省(こうつうしょう)は「(いま)までより飛行機(ひこうき)乗る(のる)のに時間(じかん)がかかるかもしれないので、早く(はやく)空港(くうこう)()てほしいと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ています。

Loading