北海道(ほっかいどう) (かわ)上る(のぼる)サクラマスが(たき)向かっ(むかっ)てジャンプ

北海道(ほっかいどう)清里(きよさと)(まち)にある斜里川(しゃりがわ)では(いま)季節(きせつ)(たまご)産む(うむ)ために(うみ)から戻っ(もどっ)たサクラマスという(さかな)(かわ)上り(のぼり)ます。 斜里川(しゃりがわ)には(たか)さ3.7mの(たき)があります。サクラマスが(かわ)上っ(のぼっ)ていくためには、この(たき)越え(こえ)なければなりません。 大き(おおき)さ40cmぐらいのサクラマスは(たき)向かっ(むかっ)高く(たかく)ジャンプをします。しかし、(みず)流れ(ながれ)速く(はやく)て、なかなか(たき)越える(こえる)ことができません。 (なん)()もジャンプするサクラマスを()(ひと)は「(こころ)(なか)で『頑張っ(がんばっ)て』と思い(おもい)ました」などと話し(はなし)ていました。ビデオを撮っ(とっ)ている(ひと)もいました。 斜里川(しゃりがわ)では、8月の初め(はじめ)ごろまでサクラマスのジャンプを見る(みる)ことができます。

Loading