保育(ほいく)(しょ)などで子ども(こども)亡くなる(なくなる)事故(じこ)()ているときが多い(おおい)

内閣(ないかく)()によると、子ども(こども)世話(せわ)をする保育(ほいく)(しょ)などで去年(きょねん)子ども(こども)事故(じこ)が1641(けん)ありました。亡くなっ(なくなっ)子ども(こども)は9(にん)いました。 亡くなっ(なくなっ)事故(じこ)があった(ところ)は、都道府県(とどうふけん)などが認可(にんか)していない保育(ほいく)(しょ)が6(にん)認可(にんか)している保育(ほいく)(しょ)が2(にん)自分(じぶん)(いえ)などで子ども(こども)預かっ(あずかっ)ている(ところ)が1(にん)でした。亡くなっ(なくなっ)子ども(こども)は0(さい)が4(にん)、1(さい)が4(にん)、6(さい)が1(にん)でした。この(なか)の8(にん)()ているときに亡くなり(なくなり)ました。 子ども(こども)()ているときに亡くなる(なくなる)事故(じこ)多い(おおい)ため、内閣(ないかく)()は「特別(とくべつ)理由(りゆう)がない場合(ばあい)子ども(こども)寝る(ねる)ときは(かお)見える(みえる)ようにあおむけにして、子ども(こども)を1(にん)にしないでください」と言っ(いっ)ています。

Loading