新幹線(しんかんせん) 停電(ていでん)しても走る(はしる)ことができる

JR東海は、来年(らいねん)東京(とうきょう)オリンピックの(まえ)から、東海道新幹線(とうかいどうしんかんせん)で「N700S」という新しい(あたらしい)車両(しゃりょう)使い(つかい)ます。「N700S」は、地震(じしん)台風(たいふう)などで停電(ていでん)して電気(でんき)使う(つかう)ことができないときでも、リチウムイオン電池(でんち)走る(はしる)ことができます。電池(でんち)走る(はしる)システムは、新幹線(しんかんせん)のように速く(はやく)走る(はしる)鉄道(てつどう)では世界(せかい)初めて(はじめて)です。 10(にち)、このシステムを使っ(つかっ)走る(はしる)試験(しけん)静岡(しずおか)(けん)三島(みしま)()でありました。停電(ていでん)したときと同じ(おなじ)ようにするため、車両(しゃりょう)(うえ)にあるパンタグラフを下げ(さげ)て、電気(でんき)送る(おくる)ことを止め(とめ)ました。 試験(しけん)使っ(つかっ)新幹線(しんかんせん)は16の車両(しゃりょう)のうち4つにリチウムイオン電池(でんち)があります。この電池(でんち)動き(うごき)始め(はじめ)て、時速(じそく)30kmまでスピードを上げ(あげ)ました。そして、2kmぐらい走り(はしり)ました。 JR東海は「このシステムを使っ(つかっ)て、地震(じしん)台風(たいふう)などのときも、みなさんが安全(あんぜん)新幹線(しんかんせん)利用(りよう)できるようにしたいです」と話し(はなし)ています。

Loading