人工(じんこう)衛星(えいせい)増え(ふえ)(ほし)調べる(しらべる)ことが難しく(むずかしく)なりそうだ」

通信(つうしん)などに使う(つかう)人工(じんこう)衛星(えいせい)は、これから(きゅう)増え(ふえ)そうです。アメリカの会社(かいしゃ)新しい(あたらしい)通信(つうしん)仕事(しごと)をするために、1(まん)2000の人工(じんこう)衛星(えいせい)打ち上げよ(うちあげよ)うとしています。 国立(こくりつ)天文台(てんもんだい)は、人工(じんこう)衛星(えいせい)増える(ふえる)と、(ほし)調べる(しらべる)ことが難しく(むずかしく)なるかもしれないと考え(かんがえ)ています。そして、人工(じんこう)衛星(えいせい)使う(つかう)会社(かいしゃ)(ひと)たちと協力(きょうりょく)して、この問題(もんだい)解決(かいけつ)したいと言い(いい)ました。 アメリカの天文台(てんもんだい)撮っ(とっ)写真(しゃしん)には、白い(しろい)(ひかり)(せん)がたくさん写っ(うつっ)ていて、(ほし)調べる(しらべる)ことができなくなっているものもあります。白い(しろい)(せん)は、アメリカの会社(かいしゃ)打ち上げ(うちあげ)た60の人工(じんこう)衛星(えいせい)に、太陽(たいよう)(ひかり)反射(はんしゃ)してできました。 国立(こくりつ)天文台(てんもんだい)は、人工(じんこう)衛星(えいせい)出す(だす)電波(でんぱ)も、(ほし)調べる(しらべる)ときに邪魔(じゃま)になるかもしれないと心配(しんぱい)しています。そして、「人工(じんこう)衛星(えいせい)には(ひかり)反射(はんしゃ)しにくい材料(ざいりょう)使う(つかう)ことが必要(ひつよう)です。(ほし)調べる(しらべる)ときに使う(つかう)電波(でんぱ)違う(ちがう)周波数(しゅうはすう)電波(でんぱ)人工(じんこう)衛星(えいせい)使っ(つかっ)てもらう必要(ひつよう)もあります」と話し(はなし)ています。

Loading