「キャッシュレス」の利用が増えて世界のATMが減る

「キャッシュレス」の利用(りよう)増え(ふえ)世界(せかい)のATMが減る(へる)

イギリスの調査(ちょうさ)会社(かいしゃ)は、銀行(ぎんこう)などのATMが世界(せかい)(なん)(だい)あるか調べ(しらべ)ました。去年(きょねん)終わり(おわり)には324(まん)(だい)あって、おととしより1%減り(へり)ました。ATMの(かず)減っ(へっ)たのは初めて(はじめて)です。お金を払う(はらう)とき「キャッシュレス」を利用(りよう)する(ひと)増え(ふえ)て、現金(げんきん)をあまり使わ(つかわ)なくなっているためです。 ATMが世界(せかい)最も(もっとも)多い(おおい)中国(ちゅうごく)では、スマートフォンを使っ(つかっ)た「キャッシュレス」を利用(りよう)する(ひと)増え(ふえ)ています。ATMが2番目(ばんめ)多い(おおい)アメリカでは、銀行(ぎんこう)(みせ)減っ(へっ)ています。4番目(ばんめ)多い(おおい)日本(にっぽん)でも、去年(きょねん)はおととしより500(だい)減り(へり)ました。10(ねん)()初めて(はじめて)減り(へり)ました。 調査(ちょうさ)会社(かいしゃ)は、世界(せかい)のATMはこれからも減っ(へっ)ていくと考え(かんがえ)ています。

Loading