子どもをいじめから助けるためにできることを考える

子ども(こども)をいじめから助ける(たすける)ためにできることを考える(かんがえる)

夏休み(なつやすみ)終わる(おわる)ころ、いじめが原因(げんいん)学校(がっこう)行か(いか)なくなる子ども(こども)自殺(じさつ)する子ども(こども)多く(おおく)なります。27(にち)子ども(こども)のいじめの問題(もんだい)について考え(かんがえ)てきた山崎(やまざき)(さとし)一郎(いちろう)さんと小森(こもり)美登里(みどり)さんが(はなし)をするイベントがありました。 山崎(やまざき)さんは、子ども(こども)たちに自分(じぶん)守る(まもる)法律(ほうりつ)などをわかりやすく説明(せつめい)した(ほん)今月(こんげつ)出し(だし)ました。山崎(やまざき)さんは「子ども(こども)たちは決して(けっして)悪く(わるく)ありません。学校(がっこう)先生(せんせい)周り(まわり)にいる大人(おとな)子ども(こども)助け(たすけ)なければなりません」と話し(はなし)ました。 小森(こもり)さんの(むすめ)はいじめが原因(げんいん)自殺(じさつ)しました。小森(こもり)さんは「子ども(こども)が『大丈夫(だいじょうぶ)』と言う(いう)ときはいじめられていることが多い(おおい)です。『(なに)かあったら大人(おとな)信じ(しんじ)話し(はなし)てね』と話し(はなし)てあげることが大切(たいせつ)です」と話し(はなし)ていました。

Loading