北海道(ほっかいどう)からブラジルに雪だるま(ゆきだるま)送る(おくる) 地震(じしん)のときのお礼

去年(きょねん)9月、北海道(ほっかいどう)大きく(おおきく)揺れる(ゆれる)地震(じしん)がありました。 ブラジルのサンパウロは、この地震(じしん)大きな(おおきな)被害(ひがい)があった北海道(ほっかいどう)安平(やすひら)(まち)(やく)200(まん)(えん)のお金を贈り(おくり)ました。このお金は、北海道(ほっかいどう)からブラジルに移住(いじゅう)した(ひと)やその(ひと)子ども(こども)(まご)などが集め(あつめ)ました。 安平(やすひら)(まち)はこのときのお礼に、今年(ことし)2月に小学生(しょうがくせい)などが作っ(つくっ)雪だるま(ゆきだるま)(ふね)でブラジルのサンパウロに送り(おくり)ました。とけないように雪だるま(ゆきだるま)発泡スチロール(はっぽうすちろ-る)入れ(いれ)て、2か月ぐらいかけて届け(とどけ)ました。 日本(にっぽん)文化(ぶんか)などを紹介(しょうかい)する「ジャパン・ハウス」には、(たか)(やく)2mの雪だるま(ゆきだるま)などを30()ぐらい飾り(かざり)ました。ブラジルは日本(にっぽん)季節(きせつ)反対(はんたい)なので、(いま)(ふゆ)です。しかし、サンパウロでは(ゆき)降る(ふる)ことがないので、たくさんの(ひと)たちが初めて(はじめて)雪だるま(ゆきだるま)()て、喜ん(よろこん)でいました。 サンパウロに行っ(いっ)安平(やすひら)(まち)町長(ちょうちょう)は「ブラジルの(ひと)勇気(ゆうき)をもらいました。いつか北海道(ほっかいどう)にも遊び(あそび)()てほしいです」と話し(はなし)ていました。

Loading