阿寒湖にマリモがどのくらいあるか調査をする

阿寒湖(あかんこ)にマリモがどのくらいあるか調査(ちょうさ)をする

マリモはボールのような(かたち)をした()で、北海道(ほっかいどう)釧路(くしろ)()にある阿寒湖(あかんこ)のマリモは(くに)特別(とくべつ)天然記念物(てんねんきねんぶつ)です。阿寒湖(あかんこ)では10(ねん)ぐらい(まえ)から(みずうみ)(なか)(くさ)(きゅう)増え(ふえ)て、マリモが育つ(そだつ)場所(ばしょ)狭く(せまく)なっています。このため、マリモが減っ(へっ)ているかもしれないと心配(しんぱい)する(ひと)もいます。 25(にち)釧路(くしろ)()阿寒湖(あかんこ)にマリモがどのくらいあるか、調査(ちょうさ)始め(はじめ)ました。(まえ)調査(ちょうさ)は22(ねん)(まえ)でした。調査(ちょうさ)では、(みずうみ)(なか)からマリモを出し(だし)大き(おおき)さや(おも)さを調べ(しらべ)ています。20cm以上(いじょう)大き(おおき)さのマリモもありました。 釧路(くしろ)()は「マリモが減ら(へら)ないように、(みずうみ)(くさ)をどうするか考え(かんがえ)たいと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ています。

Loading