大阪大学 ストレスを測ることができる物質を見つける

大阪大学(おおさかだいがく) ストレスを測る(はかる)ことができる物質(ぶっしつ)見つける(みつける)

大阪大学(おおさかだいがく)研究(けんきゅう)グループは、100(にん)ぐらいの男性(だんせい)に、ストレスがどのくらいあるか聞き(きき)ました。血液(けつえき)(なか)にある「αクロトー」という物質(ぶっしつ)濃度(のうど)一緒(いっしょ)調べ(しらべ)ました。 調べ(しらべ)結果(けっか)、αクロトーの濃度(のうど)がほかの(ひと)より20%から30%ぐらい高い(たかい)(ひと)がいました。「ストレスを少なく(すくなく)することができない」とか「()ても(からだ)十分(じゅうぶん)休ん(やすん)でいない」と答え(こたえ)(ひと)です。研究(けんきゅう)グループは、ストレスが多い(おおい)濃度(のうど)高く(たかく)なると考え(かんがえ)ています。 ストレスがどのくらいあるかを調べる(しらべる)とき、(いま)までは、質問(しつもん)して答え(こたえ)てもらっていました。研究(けんきゅう)グループは、αクロトーの濃度(のうど)で、ストレスを測る(はかる)ことができるようにしたいと言っ(いっ)ています。

Loading