「ネッシー」は大きなうなぎの可能性

「ネッシー」は大きな(おおきな)うなぎの可能(かのう)(せい)

「ネッシー」は恐竜(きょうりゅう)のような生き物(いきもの)で、イギリスのスコットランドにあるネス()にいると言わ(いわ)れています。しかし、どんな生き物(いきもの)かよくわかっていません。 ニュージーランドの大学(だいがく)のゲメル教授(きょうじゅ)世界(せかい)専門(せんもん)()研究(けんきゅう)チームは、去年(きょねん)からネッシーについて詳しく(くわしく)調べ(しらべ)ました。 研究(けんきゅう)チームは、ネス()の250ぐらいの場所(ばしょ)から(みず)取り(とり)ました。その(みず)(なか)から見つかっ(みつかっ)生き物(いきもの)皮膚(ひふ)(くそ)のDNAから、(みずうみ)にいる生き物(いきもの)種類(しゅるい)調べ(しらべ)ました。 そしてゲメル教授(きょうじゅ)は5(にち)恐竜(きょうりゅう)のような生き物(いきもの)のDNAは見つから(みつから)なかったと発表(はっぴょう)しました。しかし「ネス()ではうなぎのDNAが多く(おおく)見つかり(みつかり)ました。ネッシーが大きな(おおきな)うなぎの可能(かのう)(せい)がないと言う(いう)ことはできません」と話し(はなし)ました。 ネッシーは本当に(ほんとうに)いるかどうか、どんな生き物(いきもの)か、これからもいろいろな意見(いけん)()そうです。

Loading