日本(にっぽん)初めて(はじめて)のジェット機 100()売る(うる)話し合い(はなしあい)をする

三菱(みつびし)航空機(こうくうき)は、(きゃく)乗せる(のせる) ジェット機を日本(にっぽん)初めて(はじめて)開発(かいはつ)しています。三菱(みつびし)航空機(こうくうき)はこの飛行機(ひこうき)の70(せき)あるタイプを100()売る(うる)ために、アメリカの航空(こうくう)会社(かいしゃ)のメサ航空(こうくう)話し合っ(はなしあっ)ていることがわかりました。 この飛行機(ひこうき)名前(なまえ)は「三菱(みつびし)スペースジェット」です。2024(ねん)にメサ航空(こうくう)渡そ(わたそ)うと話し合っ(はなしあっ)ていて、全部(ぜんぶ)売る(うる)ことができたら4000(おく)(えん)ぐらいの売り上げ(うりあげ)になりそうです。 三菱(みつびし)スペースジェットは、(いま)までに90(せき)のタイプの注文(ちゅうもん)が400()ぐらい入っ(はいっ)ています。しかし開発(かいはつ)遅れ(おくれ)たため、最初(さいしょ)計画(けいかく)から7(ねん)遅れ(おくれ)て、来年(らいねん)初めて(はじめて)(きゃく)渡す(わたす)予定(よてい)です。 世界(せかい)でいちばん大きな(おおきな)飛行機(ひこうき)市場(しじょう)言わ(いわ)れているアメリカでは、70(せき)ぐらいの飛行機(ひこうき)がよく売れ(うれ)ています。このため、会社(かいしゃ)はこの大き(おおき)さの飛行機(ひこうき)をたくさん作り(つくり)たいと考え(かんがえ)ています。

Loading