プラスチックのごみ 輸出(ゆしゅつ)できなくなってたくさん残っ(のこっ)ている

日本(にっぽん)は、プラスチックのごみを中国(ちゅうごく)などに輸出(ゆしゅつ)していました。しかし、2(ねん)(まえ)中国(ちゅうごく)環境(かんきょう)悪い(わるい)という理由(りゆう)輸入(ゆにゅう)をやめました。このため、日本(にっぽん)(くに)(なか)でごみを片づけ(かたずけ)なければならなくなりました。 環境省(かんきょうしょう)は、片づける(かたずける)ことができなくて残っ(のこっ)ているプラスチックのごみについて、調査(ちょうさ)をしました。ごみを片づける(かたずける)183の会社(かいしゃ)と、122の都道府県(とどうふけん)都市(とし)答え(こたえ)ました。 今年(ことし)の2月は去年(きょねん)の7月より、残っ(のこっ)ているプラスチックのごみが増え(ふえ)ていると答え(こたえ)都道府県(とどうふけん)などは24ありました。 残っ(のこっ)ているごみが(くに)決め(きめ)(りょう)より多い(おおい)会社(かいしゃ)があるという都道府県(とどうふけん)などは15ありました。去年(きょねん)の7月の3(ばい)です。 環境省(かんきょうしょう)は「プラスチックのごみを片づける(かたずける)ことができないのは大きな(おおきな)問題(もんだい)です。都道府県(とどうふけん)などと協力(きょうりょく)して、早く(はやく)片づける(かたずける)ようにします」と話し(はなし)ています。

Loading