女性(じょせい)外国(がいこく)(じん)働き(はたらき)やすいように日本(にっぽん)会社(かいしゃ)変えよ(かえよ)う」

政府(せいふ)は、2019年度(ねんど)の「経済(けいざい)財政(ざいせい)白書(はくしょ)」というレポートで、日本(にっぽん)会社(かいしゃ)での働き(はたらき)(かた)について書き(かき)ました。 日本(にっぽん)には、1つの会社(かいしゃ)長く(ながく)勤め(つとめ)て、(なん)(ねん)勤め(つとめ)たかで給料(きゅうりょう)昇進(しょうしん)決まる(きまる)習慣(しゅうかん)があります。レポートでは、この習慣(しゅうかん)日本(にっぽん)発展(はってん)邪魔(じゃま)していると言っ(いっ)ています。 その理由(りゆう)について、1つの会社(かいしゃ)経験(けいけん)だけでは新しい(あたらしい)アイデアが()にくくなると言っ(いっ)ています。そして、(いま)新しい(あたらしい)技術(ぎじゅつ)がどんどん()てくるため、若い(わかい)ときに覚え(おぼえ)技術(ぎじゅつ)がすぐに役に立た(やくにたた)なくなります。 この習慣(しゅうかん)があると、子ども(こども)産ん(うん)育てる(そだてる)女性(じょせい)は、責任(せきにん)がある地位(ちい)進む(すすむ)ことが難しく(むずかしく)なります。ほかの会社(かいしゃ)から移っ(うつっ)てきた(ひと)外国(がいこく)(じん)などは、能力(のうりょく)があっても自分(じぶん)合っ(あっ)仕事(しごと)ができません。 レポートは、このような日本(にっぽん)会社(かいしゃ)働き(はたらき)(かた)変えよ(かえよ)うと言っ(いっ)ています。

Loading