麦わら帽子の工場が忙しい季節になる

麦わら帽子(むぎわらぼうし)工場(こうじょう)忙しい(いそがしい)季節(きせつ)になる

埼玉(さいたま)(けん)春日部(かすかべ)()では明治(めいじ)時代(じだい)農家(のうか)(ひと)たちが麦わら帽子(むぎわらぼうし)生産(せいさん)始め(はじめ)ました。いちばんたくさん生産(せいさん)していたのは1955(ねん)ごろで、(いま)では3(けん)工場(こうじょう)生産(せいさん)続け(つずけ)ています。 10(にん)ぐらいの(ひと)働く(はたらく)工場(こうじょう)では、去年(きょねん)11月に始まっ(はじまっ)麦わら帽子(むぎわらぼうし)生産(せいさん)が、(こん)いちばん忙しく(いそがしく)なっています。 工場(こうじょう)では、働く(はたらく)(ひと)がひものような(かたち)にした麦わら(むぎわら)をミシンで帽子(ぼうし)(かたち)縫っ(ぬっ)ていました。そのあと、(そと)乾かし(かわかし)て、きれいな(かたち)になるようにプレスします。最後(さいご)に、飾り(かざり)などを帽子(ぼうし)付け(つけ)ていました。 この工場(こうじょう)では今年(ことし)、6(まん)()から7(まん)()麦わら帽子(むぎわらぼうし)作る(つくる)計画(けいかく)です。

Loading