京都(きょうと)アニメーション」のために政府(せいふ)支援(しえん)することを考える(かんがえる)

18(にち)京都(きょうと)()にある「京都(きょうと)アニメーション」の建物(たてもの)(おとこ)()をつけて大きな(おおきな)火事(かじ)になりました。 アニメなどを支援(しえん)しているいろいろな政党(せいとう)国会(こっかい)議員(ぎいん)たちは「能力(のうりょく)がある(ひと)がたくさん亡くなり(なくなり)ました。政府(せいふ)はできるだけ早く(はやく)支援(しえん)することが必要(ひつよう)です」と言い(いい)ました。 国会(こっかい)議員(ぎいん)たちは政府(せいふ)に、アニメをつくる(ひと)育てる(そだてる)ために支援(しえん)してほしいと言い(いい)ました。そして、日本(にっぽん)外国(がいこく)からの寄付(きふ)のお金について、税金(ぜいきん)安く(やすく)したりなくしたりすることなどを考え(かんがえ)てほしいと言い(いい)ました。 この意見(いけん)について(かん)官房(かんぼう)長官(ちょうかん)は29(にち)亡くなっ(なくなっ)(ひと)やけがをした(ひと)会社(かいしゃ)のために、(なに)をしたらいいかよく考える(かんがえる)ように役所(やくしょ)言い(いい)ます」と話し(はなし)ました。政府(せいふ)はこれから京都(きょうと)アニメーションを支援(しえん)する方法(ほうほう)考える(かんがえる)ことにしています。

Loading