虐待から子どもを守る仕事をAIが手伝う実験

虐待(ぎゃくたい)から子ども(こども)守る(まもる)仕事(しごと)をAIが手伝う(てつだう)実験(じっけん)

虐待(ぎゃくたい)される子ども(こども)増え(ふえ)ていて、子ども(こども)守る(まもる)児童(じどう)相談(そうだん)(しょ)職員(しょくいん)足り(たり)ません。 産業(さんぎょう)技術(ぎじゅつ)総合(そうごう)研究所(けんきゅうじょ)などは、児童(じどう)相談(そうだん)(しょ)仕事(しごと)をコンピューターのAIが手伝う(てつだう)実験(じっけん)三重(みえ)(けん)ですることにしました。 実験(じっけん)使う(つかう)コンピューターのAIは、三重(みえ)(けん)集め(あつめ)子ども(こども)(きず)場所(ばしょ)など6000(けん)のデータを覚え(おぼえ)ています。 職員(しょくいん)は、虐待(ぎゃくたい)されているかもしれない子ども(こども)のデータをコンピューターに入れ(いれ)ます。AIはその子ども(こども)にこれからどのくらい危険(きけん)がありそうかなどを計算(けいさん)します。職員(しょくいん)は、安全(あんぜん)場所(ばしょ)子ども(こども)連れ(つれ)ていったほうがいいかどうか早く(はやく)決める(きめる)ことができます。 実験(じっけん)は、2つの児童(じどう)相談(そうだん)(しょ)にコンピューターを20(だい)入れ(いれ)て、来月(らいげつ)から始まり(はじまり)ます。

Loading