世界ではしかになった人が去年の4倍に増える

世界(せかい)ではしかになった(ひと)去年(きょねん)の4(ばい)増える(ふえる)

「はしか」は高い(たかい)(ねつ)やせきが()たり、(からだ)赤い(あかい)発疹(はっしん)()たりする病気(びょうき)で、ウイルスでうつります。 WHOは、今年(ことし)1月から3月までの()に、世界(せかい)の170の(くに)で11(まん)2000(にん)以上(いじょう)がはしかになったと言っ(いっ)ています。 去年(きょねん)の1月から3月と比べる(くらべる)と、4(ばい)ぐらいに増え(ふえ)ています。特に(とくに)免疫(めんえき)(ちから)弱い(よわい)子ども(こども)がはしかになって、たくさん亡くなっ(なくなっ)ています。病院(びょういん)(くすり)十分(じゅうぶん)にないアフリカでは、去年(きょねん)の8(ばい)ぐらいに増え(ふえ)ています。多く(おおく)(ひと)がワクチンを受け(うけ)ているヨーロッパでも4(ばい)増え(ふえ)ていて、アメリカでは60%増え(ふえ)ています。 はしかは、2(かい)ワクチンを受ける(うける)とほとんどうつりません。WHOによると、2(かい)ワクチンを受け(うけ)(ひと)割合(わりあい)は、世界(せかい)で67%ぐらいです。 WHOは、子ども(こども)がはしかになるとひどくなりやすいので、ワクチンを2(かい)してほしいと言っ(いっ)ています。

Loading