女性(じょせい)にも迷わ(まよわ)ないでAEDを使っ(つかっ)てほしい」

「AED」は、心臓(しんぞう)(きゅう)止まっ(とまっ)(ひと)(からだ)にパッドを貼っ(はっ)て、電気(でんき)心臓(しんぞう)動かす(うごかす)機械(きかい)です。 京都大(きょうとだい)(がく)などのグループは、学校(がっこう)子ども(こども)心臓(しんぞう)(きゅう)止まっ(とまっ)たとき、救急(きゅうきゅう)(しゃ)来る(くる)(まえ)にAEDを使っ(つかっ)たかどうか調べ(しらべ)ました。2008(ねん)から2015(ねん)()学校(がっこう)(きゅう)心臓(しんぞう)止まっ(とまっ)た232(にん)子ども(こども)について調べ(しらべ)ました。 小学生(しょうがくせい)中学生(ちゅうがくせい)では、AEDを使っ(つかっ)割合(わりあい)男子(だんし)女子(じょし)でほとんど同じ(おなじ)でした。高校生(こうこうせい)では、男子(だんし)は83%以上(いじょう)でしたが、女子(じょし)は55%だけでした。グループは、近く(ちかく)にいる(ひと)女子(じょし)高校生(こうこうせい)(ふく)脱がせる(ぬがせる)ことを迷う(まよう)ためだと考え(かんがえ)ています。 グループの(ひと)は「(ふく)全部(ぜんぶ)脱がせ(ぬがせ)なくても、下着(したぎ)をずらしてAEDのパッドを貼る(はる)ことができます。貼っ(はっ)たあとは、(からだ)(うえ)(ふく)などをかけても大丈夫(だいじょうぶ)です。(いのち)助ける(たすける)ために、女性(じょせい)にも迷わ(まよわ)ないで使っ(つかっ)てほしいです」と話し(はなし)ています。

Loading