動物(どうぶつ)植物(しょくぶつ)100(まん)種類(しゅるい)がいなくなる心配(しんぱい)がある」

日本(にっぽん)など130以上(いじょう)(くに)科学(かがく)専門(せんもん)()集まる(あつまる)IPBESによると、(いま)までの500(ねん)()(ひと)原因(げんいん)で680種類(しゅるい)脊椎動物(せきついどうぶつ)がいなくなりました。ガラパゴス諸島(しょとう)にいた(かめ)「ピンタゾウガメ」や、インド洋のモーリシャスにいた大きな(おおきな)(とり)「ドードー」などです。 IPBESは、(ひと)農業(のうぎょう)漁業(ぎょぎょう)のために(りく)(うみ)環境(かんきょう)変え(かえ)たこと、動物(どうぶつ)をたくさんとったこと、地球(ちきゅう)気温(きおん)上がっ(あがっ)たことなどが原因(げんいん)だと言っ(いっ)ています。 IPBESによると、(いま)動物(どうぶつ)植物(しょくぶつ)100(まん)種類(しゅるい)がいなくなる心配(しんぱい)があります。この動物(どうぶつ)植物(しょくぶつ)多く(おおく)が、これから(なん)(じゅう)(ねん)かの()にいなくなるかもしれないため、IPBESは世界(せかい)対策(たいさく)必要(ひつよう)だと言っ(いっ)ています。

Loading