カザフスタンの画家が日本に来て「核兵器をなくそう」

カザフスタンの画家(がか)日本(にっぽん)()て「核兵器(かくへいき)をなくそう」

カザフスタンから画家(がか)のカリプベク・クユコフさんが日本(にっぽん)()ました。カザフスタンはソビエトの一部(いちぶ)だったとき、核兵器(かくへいき)実験(じっけん)が450(かい)以上(いじょう)ありました。実験(じっけん)をした場所(ばしょ)近く(ちかく)住む(すむ)(ひと)たちは、(いま)でも病気(びょうき)になったり(からだ)具合(ぐあい)悪く(わるく)なったりしています。クユコフさんも、生まれ(うまれ)たときから両方(りょうほう)(うで)がありません。 カザフスタンで最初(さいしょ)実験(じっけん)行わ(おこなわ)れてから今年(ことし)で70(ねん)です。クユコフさんは東京(とうきょう)でシンポジウムに出席(しゅっせき)して、原爆(げんばく)落とさ(おとさ)れた日本(にっぽん)協力(きょうりょく)して核兵器(かくへいき)をなくしたいと話し(はなし)ました。 会場(かいじょう)ではクユコフさんの()展覧(てんらん)(かい)もありました。クユコフさんは(くち)使っ(つかっ)(ふで)核兵器(かくへいき)実験(じっけん)をテーマにした()を30(ねん)ぐらいかいています。会場(かいじょう)()(ひと)たちは、核兵器(かくへいき)実験(じっけん)平和(へいわ)生活(せいかつ)壊す(こわす)様子(ようす)をかいた()()ていました。

Loading