WHO「エボラ出血熱が広がっ(ひろがっ)ていて危険(きけん)だ」

「エボラ出血熱」はウイルスでうつって、亡くなる(なくなる)可能(かのう)(せい)高い(たかい)病気(びょうき)です。 アフリカのコンゴでは、この病気(びょうき)になる(ひと)去年(きょねん)8月から増え(ふえ)続け(つずけ)て、(いま)までに1676(にん)亡くなり(なくなり)ました。今月(こんげつ)には、(となり)(くに)のルワンダに近い(ちかい)(まち)(ひと)や、コンゴから(となり)(くに)のウガンダへ行っ(いっ)(ひと)も、この病気(びょうき)になったことがわかりました。 WHOは17(にち)専門(せんもん)()急い(いそい)集め(あつめ)会議(かいぎ)開き(ひらき)ました。そして、「コンゴの周り(まわり)(くに)にもエボラ出血熱が広がる(ひろがる)かもしれません。とても危険(きけん)になっています」と発表(はっぴょう)しました。 WHOはコンゴとその周り(まわり)(くに)に、(くに)入る(はいる)(ひと)出る(でる)(ひと)(なか)にエボラ出血熱かもしれない(ひと)がいないかどうか、しっかり調べる(しらべる)ように言っ(いっ)ています。そして、(くに)のみんなに正しい(ただしい)情報(じょうほう)伝え(つたえ)て、病気(びょうき)広がら(ひろがら)ないようにしてほしいと言っ(いっ)ています。WHOは、コンゴやその周り(まわり)(くに)(ひと)助ける(たすける)ために、世界(せかい)(くに)協力(きょうりょく)必要(ひつよう)だと言っ(いっ)ています。

Loading