鉄道会社がキャンペーン「エスカレーターでは歩かないで」

鉄道(てつどう)会社(かいしゃ)がキャンペーン「エスカレーターでは歩か(あるか)ないで」

エスカレーターでは歩く(あるく)(ひと)のために(よこ)空け(あけ)乗る(のる)習慣(しゅうかん)があります。この乗り(のり)(かた)だと、エスカレーターで歩く(あるく)(ひと)転ん(ころん)で、事故(じこ)になることがあります。お年寄り(としより)(からだ)障害(しょうがい)がある(ひと)のためにも、やめてほしいと言う(いう)(ひと)増え(ふえ)ています。 このため鉄道(てつどう)の52の会社(かいしゃ)空港(くうこう)などは、今月(こんげつ)22(にち)から来月(らいげつ)終わり(おわり)まで、エスカレーターの安全(あんぜん)乗り(のり)(かた)伝える(つたえる)キャンペーンを行い(おこない)ます。キャンペーンのポスターには、「歩か(あるか)ないで立ち止まる(たちどまる)」や「手すり(てすり)につかまる」などと書い(かい)てあります。外国(がいこく)(じん)にもわかりやすいように英語(えいご)など3つの(くに)言葉(ことば)でも書い(かい)てあります。 JR東日本は「エスカレーターでの事故(じこ)減っ(へっ)ていません。ほかの会社(かいしゃ)とも協力(きょうりょく)して、安全(あんぜん)乗り(のり)(かた)伝え(つたえ)ていきたいです」と話し(はなし)ています。

Loading